メニューを閉じる
2021年2月28日(日)
2004 : 食品製造
東証1部

【食品の多角化企業】製粉、油脂、冷食、飼料に展開。非市況分野を拡充。

現在値(15:00):
3,135
前日比:
-35(-1.10%)

製粉大手3社、家庭用小麦粉値下げ

サービス・食品
2019/12/26 9:43
保存
共有
印刷
その他

製粉大手3社が2020年2月1日出荷分から家庭用小麦粉を1~2%値下げする。原料となる輸入小麦の政府売り渡し価格が2期連続で引き下げられたのに伴う措置。製粉大手の家庭用小麦粉の値下げは2年半~3年ぶり。消費者にとっては恩恵だが、物流費や包材費などのコスト上昇もあって売り渡し価格の引き下げ幅に比べて限定的な値下げとなった。

円高などを背景に政府が輸入小麦の売り渡し価格を10月から主要5銘柄平均で8.7%引き下げたことを反映した。売り渡し価格は半年に1度改定され、値下げは2期連続。3社は米国産小麦の収穫増の見通しや世界的な供給量が潤沢である点なども考慮した。

家庭用小麦粉の値下げは17年以来となる。値下げ幅は最大手の日清製粉グループの日清フーズが0.6~1.2%、2位の日本製粉と3位の昭和産業がそれぞれ1~2%となった。

日清フーズの場合、パンやラーメンなどに使う「強力系」やうどんや菓子などに使う「中力系・薄力系」などの家庭用17品目のうち12品目で値下げする。主力商品では、薄力粉の「フラワー」や強力粉の「カメリヤ」などが対象。強力粉は17年2月出荷分、薄力粉は同年7月出荷分以来の値下げとなる。

日本製粉は家庭用14品目のうち、薄力粉「日本の小麦粉」と「こんな小麦粉ほしかった」を除く12品目が対象。薄力粉の「ハート」(1キログラム)は店頭想定価格税別270円から同267円に、強力粉の「イーグル」(1キログラム)は同308円から同304円にする。

昭和産業も薄力粉の「フレンド」や強力粉の「クオリテ」など4商品で値下げを決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

28件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World