メニューを閉じる
2020年1月29日(水)
6305 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建機大手】油圧ショベルに強み。鉱山機械も拡充。

現在値(15:00):
3,110
前日比:
-10(-0.32%)

日立建機、新型の電動ミニショベル フル充電で2時間

2019/12/9 19:21
保存
共有
印刷
その他

日立建機は9日、新型の電動のミニショベルを開発したと発表した。リチウムイオン電池、ケーブルを併用できる機種で、バッテリー駆動だけでも最大2時間使える。騒音、環境対応を求められる屋内や地下、夜間工事での導入を見込む。ユーザーに実際に使ってもらい課題を洗い出し、製品化をめざす。

日立建機はコンパクトに旋回できる小型のバッテリー駆動式ショベルを開発した

ミニショベルは後方の旋回半径が約1メートルとコンパクトにし、限られた省スペースでも稼働できる設計にした。キャビン(運転台)を、走行するパーツとなる「クローラ」の長さに収めた。騒音が気になる夜間の道路工事、解体工事の現場やスクラップの処理工場などの需要を見込む。

日立はこれまでも同様の製品を投入してきた実績がある。バッテリー駆動は4~6時間にしていたが、ショベル本体が大型化したことで、小回りがききにくい構造だった。新型ミニショベルは商用電源ケーブルにも対応し、バッテリーの容量もあわせてバランス良く動かす仕組みにし、操作性を重視している。

今年4月に独ミュンヘンで開催された建機の国際見本市「バウマ」では独代理店と共同で開発したバッテリーのみで稼働する2トン、8トンクラスの試作機を展示した。日立建機は今回の機種を含め幅広いラインアップで電動式ミニショベルを売り込みたい考えだ。

建設機械の電動化は関心が高まっているが、バッテリー価格や充電時間が普及の壁になってきた。ただ、工事現場などには電源があるケースも多い。今回開発した機種は今後、市場調査をふまえたうえで商品化を検討する。(西岡杏)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

171件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World