メニューを閉じる
2020年1月29日(水)
7267 : 自動車
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【海外生産で先行】二輪車は世界首位。乗用車は米国で高い評価。

現在値(15:00):
2,849.0
前日比:
-61.5(-2.11%)

11月車販売12.7%減、2カ月連続減 19年は前年割れも

2019/12/2 16:36
保存
共有
印刷
その他

自動車の業界団体が2日発表した11月の国内新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月比12.7%減の38万5859台だった。消費増税による反動減が響き、各ブランドとも販売を落とした。2カ月連続マイナス。10月と比べて減少幅は縮小した。1~11月累計は0.7%減で、2019年通年でも3年ぶりに前年割れする可能性もある。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)がまとめた。登録車、軽自動車ともに2カ月連続で減少した。

11月の登録車(排気量660cc超)は14.6%減の23万8844台だった。ブランド別では、11月に小型の多目的スポーツ車(SUV)「ロッキー」を投入したダイハツ工業、トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」を除き全ブランドでマイナスだった。ホンダが37.5%減、マツダが30.2%減、三菱自動車が29.3%減だった。

軽自動車は同9.4%減の14万7015台だった。新型の「デイズ」が好調な日産自動車を除き、スズキ、ダイハツなど各社そろってマイナス。

10月は消費増税の直後だったことに加えて、台風などの災害の影響もあり軽を含む全体で24.9%減だった。11月は持ち直したものの、客足は依然として鈍いままだ。自販連の担当者は「18年に新車の売れ行きが好調だった反動も出ている。量販モデルの販売延期も影響している」と説明した。

販売回復のタイミングについては、「どれほどの増税の影響があるかは分からない」(自販連担当者)。「長いスパンで分析しないと反動減はみえてこない」(全軽自協担当者)と手探りが続いている。「台風などで受注が減った影響が尾を引いている」(自販連担当者)と予測が難しい状況だ。

需要の急激な変動を避けるため、登録車では自動車税の減税などの緩和策がとられている。ただ、登録車は軽自動車と比べて販売が厳しく、現時点での効果は限定的なようだ。ただ、関東地方のホンダ販売店は「10~11月と販売は伸び悩んだが、11月末に入って、ユーザーの関心も戻りつつある」といい、ボーナス商戦でもある年末の動向に注目が集まる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1400件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World