メニューを閉じる
2019年12月14日(土)
6701 : 総合電機
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【代表的ハイテク企業】通信、IT機器に強み。サービスにも力。

現在値(15:00):
4,495
前日比:
-20(-0.44%)

双日やNTTコム、ミャンマーで通信網受注 約70億円

東南アジア
2019/11/20 18:08
保存
共有
印刷
その他

双日、NTTコミュニケーションズ、NECグループは20日、ミャンマーで基幹通信網の整備プロジェクトを受注したと発表した。受注額は約70億円と同国の通信インフラ整備では最大規模。日本政府が支援するヤンゴン近郊の「ティラワ経済特区」と主要3都市を結び、同区間の通信容量は現在の3倍以上になる見通し。次世代通信規格「5G」も円滑に導入できるようになる。2021年の完成を目指す。

ミャンマーの首都ネピドーで調印式が開かれた(20日)

ティラワ経済特区と最大都市のヤンゴン、首都ネピドー、第2の都市のマンダレーを結ぶ。主契約者の双日はインフラ整備のノウハウを生かしてプロジェクトの進捗を管理する。NTTコムは現地のインターネット接続設備を更新する。NECグループは最先端の光通信機器を提供し、通信容量を毎秒1テラ(テラは1兆)ビットと現在の3倍以上に引き上げる。

ティラワ経済特区は同国初の経済特区で日本の官民が深く開発に関わってきた。進出企業の約半数が日本企業。隣接するティラワ港にはコンテナターミナルも今年稼働し、利便性が高まっている。今回のプロジェクトで高度な通信インフラが整えば同特区への企業進出に追い風となる。

経済成長が進むミャンマーでは14年に1割程度だった携帯電話の普及率は既に9割を超えた。スマホの割合も高まっている。20年以降、5Gが普及し始めるとみられ、通信容量の拡大は同国政府の課題だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

767件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World