メニューを閉じる
2019年12月10日(火)
3088 : 専門店・ドラッグストア
東証1部
JPX日経400採用

【持ち株会社に移行】ドラッグストア大手。M&Aにも積極的。

現在値(15:00):
4,210
前日比:
-15(-0.36%)

マツキヨ、ベトナム企業と合弁 現地での出店視野

東南アジア
2019/11/13 17:32
保存
共有
印刷
その他

マツモトキヨシホールディングス(HD)は13日、ベトナムでドラッグストアの出店を目指し、現地企業との合弁会社を設立すると発表した。マツキヨHDはすでにタイと台湾にも進出しており、ベトナムでの出店を実現したい考え。「マツキヨ」の知名度があるアジアの新興国を開拓し、持続成長につなげる。

マツモトキヨシHDがベトナムへの出店準備を進める

ベトナムで外食事業や食品製造を展開するロータス・フード・グループと、合弁会社「マツモトキヨシベトナム ジョイント ストック カンパニー」を2020年2月をめどに設立する。資本金は315億ベトナムドン(約1.5億円)で、マツキヨHDが51%、ロータス・フードが48.87%、同社のレ・バン・メイ社長が0.13%を出資する。

合弁会社ではレ・バン・メイ氏が会長職、マツキヨHDの宮岡弘樹氏が最高経営責任者(CEO)に就任する。マツキヨHDは7月、ロータス・フードと合弁事業を始める基本合意を締結していた。

マツキヨHD側は現地の流通事情に詳しいロータス・フードと協力することで、店舗開発や出店準備を急ぐ狙いがある。13日に都内で開いた決算会見で、マツキヨHDの松本清雄社長は「ベトナムでマツモトキヨシの店舗展開を早期に進める」と述べた。

マツキヨHDの海外店舗はタイに34店、台湾に5店ある(9月末時点)。今後もアジア地域で積極的な海外出店を進める方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

138件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World