メニューを閉じる
2020年3月28日(土)
7003 : 産業用装置・重電設備
東証1部
日経平均採用

【造船大手】三井系重工業の中核。機械・プラント部門など強化。

現在値(15:00):
553
前日比:
+10(+1.84%)

JFEHD、鉄鋼の利益ゼロに、多角化も険しい回復

2019/11/12 17:48
保存
共有
印刷
その他

JFEホールディングス(HD)は12日、2020年3月期の鉄鋼事業の連結事業利益(国際会計基準)がゼロになると発表した。米中貿易摩擦を背景に世界で鋼材需要が減少、市況の悪化が直撃している。通期の粗鋼生産量は8月時点からさらに下方修正し、期初計画から200万トン減産する。三井E&S系のエンジニアリング事業の買収で多角化も目指すが、本業の回復は容易ではなさそうだ。

「米中貿易摩擦で販売数量が大きく減少している」と話す寺畑副社長

20年3月期の連結事業利益は前期比74%減の600億円を見込む。売上高の7割を占める鉄鋼の不振が大きい。連結で鉄鋼事業のもうけがゼロになるのは、旧川崎製鉄と旧日本鋼管の合併で03年にJFEスチールが設立して以来、初となる。

通期の粗鋼生産量(単独)は2700万トンと期初計画から7%減る。生産トラブルに見舞われた前期比ではプラスだが東南アジアなどの鋼材需要の低迷が大きく、国内拠点で一段の生産調整を余儀なくされる。「固定費などのコスト削減や設備投資の圧縮を進める」(JFEHDの寺畑雅史副社長)。生産拠点の集約は考えていないとした。

一方、エンジニアリング事業の20年3月期の連結事業収益は14%増の230億円を見込む。三井E&SHDからの石油化学プラントエンジニアリング事業の取得でも合意した。取得事業は国内が中心で黒字とみられる。

ただ、鉄鋼の収益が大幅に悪化し、グループの造船事業も赤字が続く。「まずは本業の収益改善が優先される」(アナリスト)とエンジニアリング多角化の効果は足元では限定的との見方が大勢だ。(川上梓)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

98件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World