メニューを閉じる
2020年6月5日(金)
8864 : 不動産・住宅
東証1部

【空港基盤】冷暖房、水供給事業を展開。航空大手が大株主。

現在値(15:00):
441
前日比:
-4(-0.90%)

羽田空港の断水解消 第2ターミナル、水質に問題なし

2019/11/8 14:53 (2019/11/8 17:17更新)
保存
共有
印刷
その他

羽田空港の国内線旅客ターミナルで6日朝に起きた断水は8日午後、解消した。水質に問題がないことが確認されたため、8日午後1時25分ごろから順次給水を再開した。空港への給水を国から受託する会社「空港施設」は当面の間、水質検査を続ける。水に塩気があるとの連絡が断水のきっかけとなっており、原因の特定も進める。

断水は6日朝、国内線に2つあるターミナルで発生。日航などが発着する第1ターミナルは6日中に給水を再開したが、全日空などが使う第2は断水が続き、6日以降、多くの飲食店が営業を休止した。トイレの手洗いも使えず、ペットボトルの水を置いて対応した。運航への影響はなかった。

第2ターミナルの和食店で働く40代の男性は8日午後、「3日間休業状態で売り上げもゼロで影響は大きかった。待つことしかできずもどかしかったが、ほっとした」と話した。水の出方が安定しないとする店もあり、「終日臨時休業」と張り紙を出した店舗もあった。

空港施設によると、6日朝、機体を洗う「洗機場」や第2ターミナルで、水から塩気を感じることが確認されたため、給水を止めた。復旧させるための水質のチェックが長引き、第2では断水が3日目に入っていた。国際線ターミナルで断水はなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World