メニューを閉じる
2020年1月26日(日)
4901 : 情報機器・通信機器
東証1部
日経平均採用

【多角化】写真主体から複写機、医療、印刷、液晶材料などに転換。

現在値(15:00):
5,704
前日比:
+7(+0.12%)

富士フイルム古森会長「米ゼロックスとの統合考えない」

2019/11/5 18:25
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムホールディングスは5日、23億ドル(約2530億円)で米ゼロックスとの合弁会社、富士ゼロックスの株式25%を米ゼロックスから取得し、完全子会社化すると発表した。記者会見で富士フイルムの古森重隆・会長兼最高経営責任者(CEO)は「(米ゼロックス以外への製品供給など)新たな協業で米ゼロックスとの関係を続ける。経営統合は考えない」と述べ、表明していた米ゼロックスの買収を断念する考えを明らかにした。会見には助野健児・社長兼最高執行責任者(COO)、玉井光一・富士ゼロックス社長らも同席した。主な一問一答は次の通り。

――米ゼロックスと協業関係を続ける利点は。

助野氏「資本関係がなくても従来通りに製品供給を続けていくことだ。富士フイルムとしても、しっかりとキャッシュを創出できるウィンウィンの関係と考えている」

――富士ゼロックスの完全子会社化が、より良い案だと感じたのはいつからですか。

古森氏「(2018年1月に表明した)米ゼロックスとの統合は『ベスト』と言ったのではなかったが、米ゼロックスの株主が訴訟し、ダメだと言われたからやめた。もともと受動的な面があり、やりたかったわけではない。そうした中、互いに(今回の合意に関する)機運が出てきて富士ゼロックスの完全子会社化を決めた。率直に言うと今回の案はベターだ」

――21年に「ゼロックス」ブランドの使用契約が切れます。更新しますか。

玉井氏「継続するものと考えている」

――米ゼロックスの株主から今後反発は起こりませんか。

助野氏「前回の統合提案と違い、(米ゼロックスの富士ゼロックス株売却は)取締役会で決議できる。手続きのクロージングまでの期間も短く、そのようなことはない」

――今後、富士フイルムHDの中で富士ゼロックスの位置づけはどうなりますか。

古森氏「迅速な判断やR&D(研究開発)、富士フイルムとの部門統合など、かなりの勢いで改革が進んだ。利益も伸びており、株式の取得費用は早急に回収できる。富士ゼロックスはもともと良い会社で、歴史的にはナンバーワンだった。私としてはオンリーワンだ」

――将来的に米ゼロックスの買収を再び検討しますか。

古森氏「経営統合はもう考えない。富士ゼロックスが完全子会社になることで世界で成長できる。だから独自の道でやる」

(林英樹)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

387件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World