メニューを閉じる
2019年12月8日(日)
4005 : 化学・化成品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合化学大手】医薬、電子材料にも強み。アジア売上高比率高い。

現在値(15:00):
499
前日比:
-10(-1.96%)

リオ・ティント、NZアルミ事業 撤退も検討

アジアBiz
2019/10/23 16:33
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】英豪資源大手リオ・ティントは23日、ニュージーランド(NZ)でのアルミニウム製錬事業について「戦略的見直し」をすると発表した。アルミニウム価格の低迷と電気料金の上昇を受けたもの。NZ政府や電力会社と交渉を続け、製錬所の閉鎖や縮小も含めて検討する。2020年3月までに結論を出す。

市況低迷などを受けNZのアルミニウム製錬事業を見直す=ロイター

NZでのアルミ事業はリオが79.36%、残りを住友化学が出資する。1971年に操業を開始し従業員は約1千人。リオによるとNZで唯一のアルミ製錬所で、生産量はリオ全体の1割未満だ。同社は今回の見直しについて「アルミニウム産業の短期から中期的な見通しは厳しく、(NZ事業は)不採算が続く」と説明した。住友化学は「リオ・ティントの判断を見守りつつ、経済的合理性に基づいて判断する」としている。

アルミは最大消費国である中国での需要縮小などから価格が下落傾向にある。国際指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は10月に入って1トン1710~1750ドル代で推移しており、前年同期比で約15%安い。

リオの2018年12月期のアルミニウム部門の売上高は121億9千万ドル(約1兆3200億円)。全売上高の30%を占め、鉄鉱石部門に次ぐ規模だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

177件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World