メニューを閉じる
2019年11月18日(月)
9601 : コンテンツ制作・配信

【映画・演劇の名門】歌舞伎、映画、不動産が収益の柱。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

「風の谷のナウシカ」歌舞伎に 全7巻の漫画が原作

文化往来
2019/10/16 2:00
保存
共有
印刷
その他

「風の谷のナウシカ」といえば、スタジオジブリの代表作であり、20世紀後半の日本を代表するアニメ映画の1本だ。ファンも多いが、同作は宮崎駿監督自身が描いた原作漫画(全7巻)の一部を抽出して作られている。原作には、さらに壮大な物語が展開されている。

12月公演でナウシカを演じる菊之助(中央)、クシャナを演じる七之助(左)と、スタジオジブリの鈴木プロデューサー

12月公演でナウシカを演じる菊之助(中央)、クシャナを演じる七之助(左)と、スタジオジブリの鈴木プロデューサー

この作品が新橋演舞場(東京)で歌舞伎になる。昼の部、夜の部の「通し上演」で、長大な漫画の世界を表現する。公演期間は12月6~25日。昼夜合わせて8時間にも及ぶ舞台になる可能性がある。新作の歌舞伎は通常、長くても昼夜どちらかの部だけで終わることが多く、昼夜を通すのは「江戸時代以来かもしれない」(松竹の安孫子正副社長)という。

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」のチラシ

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」のチラシ

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「ナウシカは、宮崎駿が自分の全てをつぎ込んだ一番大切な作品。その後の彼の作品は、どれもナウシカの一部を作品にしたともいえる」と話す。実写版などさまざまなオファーを、これまで全て断ってきたが、今回の歌舞伎の話には「やろうよ」と言ったという。

この公演の企画者の一人で、ナウシカを演じる尾上菊之助は「宮崎さんは1980年代前半、日本がバブル経済へ突き進もうとするときに、この作品でディストピアを描いた。作品に登場する戦争や、環境問題、遺伝子操作などのテーマは、今の方が身近だ」と原作の現代性を語る。

ヒロインが空を飛び、王蟲(オーム)など巨大な生物や多様な民族が登場する神話的な世界と、古典との「合流地点をどう探すか」(菊之助)が課題になるという。菊之助のナウシカと、中村七之助が演じるクシャナの生き方の対比を軸に全体を構成し、衣装や音楽に、和装や和楽器を取り入れる。宙乗りや立ち回りなど、歌舞伎にあるさまざまな演出を使うという。

(瀬崎久見子)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

102件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World