メニューを閉じる
2019年11月18日(月)
7261 : 自動車
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【国内生産主体】第3のエコカーで巻き返し。海外生産拡充を急ぐ。

現在値(15:00):
973
前日比:
-5(-0.51%)

中国5県の景況感 3期連続で悪化、9月短観

2019/10/1 19:25
保存
共有
印刷
その他

日銀が1日発表した中国5県の2019年9月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が全産業でプラス11と、前回(19年6月)から4ポイント低下した。悪化は3四半期連続。米中貿易摩擦や中国経済の減速が製造業の指数悪化に響いた。日韓関係の悪化で宿泊サービスなど非製造業でも低下が目立った。

業況判断DIは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた値。

製造業は6ポイント低下し、プラス3だった。業種別では自動車がプラス5と19ポイント低下した。中国での販売不振や値引き抑制などを背景に、マツダの世界販売台数が低調だったことも響いたもよう。日銀広島支店の浜田秀夫支店長は「世界市場の変化は激しく、自動車部品メーカーを含めて苦しい局面にある」と話した。

電気機械は23ポイント低下のマイナス30、化学は14ポイント低下のプラス8だった。スマートフォン向けの電子部品や化学製品での苦戦が目立ったようだ。岡山県でリチウムイオン電池関連の部材を手掛けるメーカーの幹部は「中国経済の減速で先々の受注に変調の兆しが出てきている」と話した。

非製造業は3ポイント低下のプラス17だった。天候不順や人件費上昇に伴う採算の悪化で、小売りのDIが8ポイント低下のマイナス9となった。

山陰地方を中心に、日韓関係の悪化に伴う訪日客の減少で宿泊サービスなどもDIが低下。松江支店の花尻哲郎支店長は「韓国人客の減少は運輸・郵便、宿泊・飲食サービスなどに影響が出ている。先行きも悪化を予想している」と話した。

10月からの消費増税に関しては、駆け込みの動きは限定的だったとする向きが多かった。広島支店の浜田支店長は「恩恵はあったが、期待したほどではなかったとする声が多かった」と指摘。その上で、「反動減については慎重に見ていきたい」と話した。

DIが悪化した一方で、19年度の設備投資計画は上向いている。「所得から支出への前向きな循環メカニズムは持続している」(岡山支店の鈴木公一郎支店長)との指摘もあり、景気動向の先行きを過度に悲観する見方は少なかった。

先行きのDIは全産業で9ポイント悪化のプラス2。製造業、非製造業とも悪化を見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

555件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World