メニューを閉じる
2019年11月16日(土)
4005 : 化学・化成品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合化学大手】医薬、電子材料にも強み。アジア売上高比率高い。

現在値(15:00):
517
前日比:
+15(+2.99%)

住友化学、南米の農薬事業買収 米中摩擦にらむ

2019/9/30 2:30
保存
共有
印刷
その他

ブラジル産大豆の輸出量は年間7600万トンで、米国を上回り最大だ=ロイター

ブラジル産大豆の輸出量は年間7600万トンで、米国を上回り最大だ=ロイター

住友化学は世界最大の農薬市場である南米を開拓する。オーストラリアの農薬大手、ニューファームの南米事業を約800億円で買収して大豆の除草、殺菌剤を販売する。世界の人口増加で食料需要が伸びるうえ、米中貿易戦争で南米の農産物の存在感が高まっているためだ。住化は買収後、南米の農薬事業が北米を上回り最大となる。

ニューファームの南米事業の売上高は約700億円。住化は年内にも買収を終え、現地の販売会社や工場を取得する。ブラジルやアルゼンチンの販売網で主力の除草剤などを扱う。ブラジルで初めて工場を持つことになり、供給体制が整う。

南米は大豆やトウモロコシの主産地だ。特にブラジルは世界最大の大豆輸出国で、米農務省によると年間7600万トンある。南米の農薬市場は142億ドル(約1兆5300億円)にのぼり、世界の4分の1を占める。

米中貿易戦争で、中国は2018年7月に米国産大豆に25%の追加関税をかけ、19年9月から30%に引き上げた。中国で輸入先をブラジルに変える動きが広がっている。あらゆる商品に関税をかけ合う両国の摩擦が長引けば、企業の調達網に加えM&A(合併・買収)戦略に影響がおよぶ。

住化の農薬事業の売上高は19年3月期に約3000億円だった。北米が3割強を占め、南米は約300億円にとどまる。買収によって南米事業は1000億円を超す規模になり、北米を上回る稼ぎ頭となる見通し。

今後、殺菌剤などの大型商品を投入し、25年の売上高を買収直後の5割増にあたる1500億円まで高めたい考え。

世界の農薬市場では再編が活発だ。ドイツのバイエルは18年、米モンサントを買収して世界最大手となった。19年6月には、米ダウ・デュポンの3分割を経て農業事業会社コルテバ・アグリサイエンスが発足するなど、規模や技術力の向上を目指す動きが広がる。

住化は農薬事業で世界7位。これまで南米ではニューファームなど農薬会社の販路を使って営業してきた。自前の販売ルートを持つことで市場の開拓力が高まり、シェアの高い欧米勢に対抗しやすくなると期待する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

171件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World