メニューを閉じる
2019年11月12日(火)
本社住所 〒 840-8666 佐賀市多布施1-4-27

松尾建設、ITで生産性向上 オプティムと提携

2019/9/27 19:40
保存
共有
印刷
その他

九州地場最大手ゼネコンの松尾建設(佐賀市)は27日、IT(情報技術)企業のオプティムと戦略的包括提携を締結した。あらゆるのモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を活用し、生産性と安全性の向上を推進する。人手不足は建設業界でも大きな課題となっており、現場の作業効率化を進めることで働き方改革や人材の確保にもつなげる。

今年度をメドとした最初の目標として、(1)スマートフォンを活用した3次元測量サービスとアプリケーションの開発(2)建設現場への安全管理システムの導入(3)OGやOBの技術者を活用した技術者支援システムの開発を設定した。今後、生産性を20%アップしたいとしている。

測量する場合、現在は「丁張」「出来形」など2人体制でほぼ1日かけて行うケースが多いが、スマホを活用して測量データを3次元化・検証すれば、1人で行うことが可能になり、スピードアップがはかれるという。現場や進捗具合によって異なる重点安全項目もITで管理し、AIカメラやコードなどを導入して労災ゼロを目指す。

オプティムはすでに、建機国内最大手のコマツと連携し建設現場のI

T化やデータのプラットフォームづくりを進めていて、そこで得られた技術なども活用していく考え。実際の建設現場で実証実験を進め、全国の建設業者が利用できるシステムづくりを目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

7件中 1 - 7件

  • QUICK Money World