メニューを閉じる
2019年10月23日(水)
4689 : インターネットサイト運営
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ポータルサイト最大手】ソフトバンクの連結子会社。

現在値(14:31):
331
前日比:
-2(-0.60%)

前沢氏「宇宙に行きたい」 ZOZO会見詳報(2)

ヤフー、ZOZO買収
2019/9/12 22:56
保存
共有
印刷
その他

記者会見で涙を拭うZOZO創業者の前沢友作氏(12日、東京都目黒区)

記者会見で涙を拭うZOZO創業者の前沢友作氏(12日、東京都目黒区)

ソフトバンク傘下のヤフーZOZOが12日開いた記者会見の発言詳細です。(1)は「ヤフー社長「広告とEC、収益の2本柱に」」参照。

▼前沢友作氏

あらためましてZOZOの前社長の前沢です。代表取締役の辞任を発表させていただいた。ヤフーとZOZO、ものすごくシナジーがある。ZOZOの経営陣もヤフーも全員賛成した。ともにどういう成長をしていけるか。詳細は今後話していく。いろんな業務提携をしていく。

僕自身としては21年間ZOZOの代表取締役を務めてきて、最後に大きな決断をできたことをうれしく思う。開示してからネットをみたら、「すばらしいシナジーがありそうだ」とか、「まるで結婚みたいだ」とか「前沢の言動は不安だから、辞めてもらってせいせいした」というコメントもあった。

新経営陣に体制が変わる。沢田から前沢はトップダウン、ワンマンだという指摘があった。自分も21年間、ひたむきに突っ走ってきた。社会に出て就職した経験もないし、MBA(経営学修士号)とか難しい勉強をしたわけじゃないが、好きなことを突き詰めていったら気づいたら社長になっていて、気づいたら上場していた。本当に夢のような時間を過ごしてきた。

(一方で)ZOZOにはいくつか課題があった。

ファッション好きだけでなく、あらゆる皆様に(ZOZOのサービスを)届ける局面を迎えていた。ZOZOの未来はこの提携で大きく開かれた。ヤフーはファッションや若い人を取り込む。お互い伸ばし合う、まさに結婚のような提携になる。独身の僕が失礼します。これまで感性に基づく経営をしてきた。時代の香りや雰囲気を直感的に野性的に感じ取れないかと。時には読み間違えた。これまで失敗したこともいくつかあったと反省している。

感性的な経営とは真逆のロジカルな経営、データや繰り返しのテストに基づいて行うロジカルな経営を(新社長の)沢田は得意とする。総合力、チームワークがZOZOに問われている。自分自身はそれを生かし切れていなかった。現場の権限や裁量を与えられてこなかった。ZOZOの経営の考え方・体制が抜本的に変わる時だ。

個人的な話で恐縮だが、ZOZOの経営以外もいろいろやってきた。宇宙に行きたい。2023年に月への渡航を計画している。それ以外にもう1回行くことになっている。個人的な理由は宇宙にいく準備。そっちに時間をさきたい。

2点目は事業をやりたい。21年前、自宅の6畳1間でスタートトゥデイを創業して、一時は家中がCDやレコード、洋服であふれるような状況だった。あの事業をゼロから作り上げた感動、あの感動をもう一度ゼロからから事業をつくって挑戦したい。新体制に移行すべきという考え方と自分の意思から辞任させていただく。

創業した21年前からたくさんの方に支えられ、ここまで来れた。音楽CDの通販の時代から応援してくださった方に御礼申し上げる。ありがとうございます。ゾゾタウンには7000近いブランドが商品を供給してくれている。取引先は不安になっているかもしれないが、これから飛躍的に成長していく。

07年にマザーズに上場してから株主という新しい方にも協力してもらった。時価総額が1兆円までいったときは感動した。新ZOZOは再度その辺をマークすると思う。

発表をうけて社内は騒然とした。「はい。提携はわかりました。ヤフーさんすばらしいパートナーだね」と。ただみんな僕が辞めるとは予想していなかった。この後、あらためて社員を集めて説明する。21年間、至らぬ僕を必死に支え、時には泣き、笑い、楽しくともに……。社員に後に伝えることにして(まずは社外の皆さん)、本当に21年間ありがとうございました。

スペシャルゲストがいる。ヤフーとの資本・業務提携とのきっかけになった人で、尊敬している社長。ゴルフ、お風呂など公私ともにご一緒させていただいているソフトバンクの孫さんです。

(孫正義氏が登壇)

頭を下げるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(左)とZOZO創業者の前沢友作氏(12日、東京都目黒区)

頭を下げるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(左)とZOZO創業者の前沢友作氏(12日、東京都目黒区)

▼孫正義氏

前から親しく、本当に経営者としても1人の男としても、ぼくの大好きな前沢君が「孫さん、相談させてください」と。新しい人生を過ごしたいという話だった。どういうこと?と聞いたら「月に行くんだ」と。雑誌を読んで知っているけどどういうこと?

「ZOZO社長は引退して新しい人生をすごしたい、そこで相談なんです」と。

いろいろな話を聞いているうちに提携して何かやってみるかという話を2人でしたら、ヤフーとZOZOが一緒になって、第2の飛躍をするようにやっていきたいと。しかし「文化の違う2つの会社が一緒になるにあたり、当分前沢君が社長をしたほうがいいんじゃないか。月に行くのにそんなに忙しいの」と言ったら前沢君がすぱっと「新しい人生を生きたいんです」と。「訓練もしなきゃいけないし、彼女とも楽しく生きたい」と。うらやましいかぎりだ。

結局、僕も彼も創業者。生き様がかっこいい。自由奔放。ツイッターを見ても言いたい放題。自分もそうだが、あれほど自由には書けなかった。(前沢君は)ZOZOを始める前にロックバンドをしていた。いまだにロッカーだ。前沢君は「まさにその通りだ。楽しい人生を過ごしたいんだ」と。非常によくわかる。月に行く人と足が地に着いている人と。沢田社長とはそんな役割分担だったと思う。

両社の強みやシナジーについては、川辺社長からも詳しい話もあったので、私はあえて重複コメントしないが、両社が精いっぱいやるのではないかと思う。最近は親子上場とか批判も大きい。ソフトバンクの子のヤフージャパンの子のZOZOとなると、さらに批判が出そうだが、とにかくヤフージャパンの川辺社長には、私は口出ししないからと言っている。忖度(そんたく)経営とか親子上場とか言われるので、おまえ達が好きにやってくれよと。私は友人としての前沢君から相談があったので、それではヤフーとZOZOの両方で何かシナジーが生まれるような話があれば、当事者同士で話し合って決めてくださいということだった。前沢君とはこれからも友人関係で、楽しい関係を続けていきたいと思う。

【関連記事】
ZOZO前沢氏「ワンマン経営を転換」 ヤフー提携会見
会見詳報(1)ヤフー社長「広告とEC、収益の2本柱に」
会見詳報(3)前沢氏「社長退任、悩みまくった」
会見詳報(4)前沢氏「退任決断は9月に入ってから」

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

660件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World