メニューを閉じる
2019年10月24日(木)
9006 : 陸運
東証1部

【京浜・三浦半島地盤】沿線の再開発余地大きい。路線延伸が課題。

現在値(11:29):
2,187
前日比:
+13(+0.60%)

日本の都市ランキング、横浜市は4位 都市特性評価

2019/9/10 10:11
保存
共有
印刷
その他

森ビルのシンクタンク、森記念財団都市戦略研究所(東京・港)が10日発表した2019年の「日本の都市特性評価」(72都市対象)で、横浜市は4位となった。初公表の18年調査では名古屋市に次ぐ5位だったが、観光部門や研究開発機能などの指標が上昇し、総合順位も上がった。一方、環境や生活・居住などは標準を下回っており、改善の余地を残した。

調査は統計資料などをもとに分析。「経済・ビジネス」「研究・開発」「文化・交流」「生活・居住」「環境」「交通・アクセス」の6分野で83の指標を選定し、総合的にスコアを算出した。

総合1位は京都市でスコアは1258.0だった。2位は福岡市、3位は大阪市で、1~3位の順位は前年と同じだった。4位の横浜市のスコアは1098.0で、首都圏では茨城県つくば市が11位、さいたま市が21位、千葉市が30位などと続いた。

各分野のランキングをみると、横浜市は「文化・交流」が3位(前年は5位)、「研究・開発」が5位(同6位)と順位を上げた。新たに指標に採り入れた「クリエーティブ産業従業者割合」が寄与したことや、観光・医療分野の多言語対応などが評価された。

横浜市では19年、みなとみらい(MM)21地区を中心にビジネス拠点の開設が相次いでいる。資生堂が4月に新研究開発拠点「エスパーク」、京セラが7月に「みなとみらいリサーチセンター」を開設。9月中には京浜急行電鉄が本社を移転し、今後もソニーやLGグループなどが拠点を設ける。グローバル企業の進出や連携が都市の魅力を高める期待が高まっている。

一方「環境」(59位)や「生活・居住」(42位)などは、72都市の平均を下回った。他地域に比べて自然環境が乏しいことに加え、可処分所得や物価水準、住宅コストなどを加味した「生活の余裕度」が低いことが課題となっている。「経済・ビジネス」も財政面などが平均を下回っている。横浜市は市で人口が最も多いが、少子高齢化が深刻化している住宅地もあり、持続的な対策が欠かせない。

同研究所は併せて、東京23区を対象にした調査も公表した。「経済・ビジネス」で首位だった千代田区が総合順位でも1位となった。総合2位には「文化・交流」が首位だった港区、中央区と続き「都心3区」がトップを占め、3区の順位も前年と同じだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

183件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World