メニューを閉じる
2019年9月23日(月)
9006 : 陸運
東証1部

【京浜・三浦半島地盤】沿線の再開発余地大きい。路線延伸が課題。

現在値(15:00):
2,165
前日比:
+11(+0.51%)

京急、リノベーションして転貸 空き家対策にも

2019/8/23 18:40
保存
共有
印刷
その他

京浜急行電鉄は沿線の空き家物件をリノベーションして貸し出す事業を26日から始める。オーナーから物件を借り上げて同社の負担でリノベーションし、入居者にサブリース(転貸)する。空き家対策につなげ、景観の悪化や倒壊、放火などの問題を防ぐ。住みやすい沿線環境づくりを目指す。

Rバンク(東京・渋谷)がリノベーションを手掛けたホステルの内観

Rバンク(東京・渋谷)がリノベーションを手掛けたシェアハウスの内観

京浜急行電鉄が26日に始めるリノベーション付きサブリース「カリアゲール」の事業スキーム図

サービス名は「カリアゲール」。シェアハウスの企画運営などを手掛ける子会社、Rバンク(東京・渋谷)がオーナーや入居者の募集、リノベーションの企画、賃貸管理などを行う。これまで手がけていた住居用だけでなく、利用者の多い駅周辺ではホステルにするなど、地域特性や物件の状態を踏まえた活用を提案する。

借り上げる物件は、沿線のマンションや戸建て、オフィスビルなどの一部屋から対象とする。物件の改修費用は京急電鉄が負担し、オーナーは手元資金なしで始められる。一定期間中は稼働状況に関係なく、査定した賃料をオーナーに支払う。リノベーションで物件の価値を高め、借り主の支払う賃料との差額で収益を上げる。

総務省が発表した2018年10月時点の住宅・土地統計調査によると、空き家の戸数は過去最多の846万戸に上り、増える傾向にある。京急電鉄は空き家対策の強化で住みやすい沿線環境をつくる。入居者が増えれば、京急線や沿線にある京急百貨店(横浜市)、京急ストア(東京・港)など周辺施設の利用者増も見込めそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

182件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World