メニューを閉じる
2019年9月21日(土)
8267 : 総合小売・食料品小売
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合小売大手】総合スーパー、不動産、金融、専門店など展開。

現在値(15:00):
1,993.0
前日比:
-0.5(-0.03%)

イオン、再生エネ余剰電力にポイント上乗せ 中国電と

2019/8/23 13:57
保存
共有
印刷
その他

イオンは23日、中国電力と協力し、家庭の太陽光発電で作った電力を店舗で活用するサービスを11月から始めると発表した。イオンの提供プランに加入した人を対象に、中国電が買い取った消費者の余剰電力に買い物ポイントを上乗せする。2019年から順次、一般家庭で余った電力の買い取り制度(FIT)の期限切れを迎える中、再生可能エネルギーの有効活用への道筋を付ける。

中国電力の管轄エリアを対象に「WAONプラン」への加入者を募集する。中国電は一般家庭で余った太陽光発電の電力を1キロワット時7.15円(19年度)で買い取り、イオンの店舗に提供する。イオンは買い取った電力1キロワット時あたりに1WAONポイントを加入者に付与する仕組みだ。

加入者は余剰電力の買い取り代金に加え、イオンからのポイントも得られる。一方でイオンは買い取りに協力した消費者の来店の動機づけになるとみる。

イオンは現在、中国地方に21店の総合スーパー(GMS)のほか、グループ会社のマックスバリュ西日本や山陽マルナカが運営する食品スーパーを持つ。中国電とのサービスはGMSを中心に実施する予定。

イオンは18年に事業で使う電力を全て再生可能エネルギーで賄うことを目指す企業連合の「RE100」に加盟した。50年までに消費電力を全て再生エネ由来にする方針だ。照明や空調などの省エネ化を進め、店舗への太陽光パネルの設置に力を入れている。

同社は同様のサービスを中部電力とも行うほか、関西電力とは別の仕組みで連携する。今後も全国の電力会社とも同様の取り組みを検討し、環境に優しい店づくりを目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

489件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World