メニューを閉じる
2019年9月23日(月)
8028 : 総合小売・食料品小売 日経平均採用 JPX日経400採用

【総合小売り】伊藤忠グループ。コンビニ店舗数は業界2位。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

「土用の丑」ウナギ ファミマが原則予約制で店舗利益7割増

2019/8/15 19:05
保存
共有
印刷
その他

ファミリーマートはウナギの販売を原則予約制に切り替えた

ファミリーマートはウナギの販売を原則予約制に切り替えた

ファミリーマートは15日、「土用の丑(うし)の日(7月27日)」のウナギの販売を原則予約制にしたことで、フランチャイズチェーン(FC)加盟店の利益が前年比約7割増になったことを明らかにした。売れ残りに伴う廃棄が大幅に減ったことが要因で、クリスマスケーキや恵方巻きでも続ける方針。販売額自体は減少したものの、本部の利益も前年並みを確保した。

ファミマはうな重などの予約販売に力を入れ、昨年よりも予約期間を2週間早め、早く予約すれば代金を割り引くなどの施策を実施。ファミマでは売れ残った商品を廃棄した場合に生じる損失の大部分を加盟店側が負うため、予約制に切り替えることにより廃棄が少なくできると見込んでいた。

ウナギの販売額は前年比約2割減だった。予約の件数は2倍になったものの、店頭での販売が減り、補いきれなかった。ただ、廃棄に伴う損失は同約8割減。差し引きすると、加盟店の利益は同約7割増だった。本部の廃棄に伴う損失に対して助成金を出すため、売り上げが減っても利益は前年並みだった。

コンビニエンスストアでは、人手不足に伴う人件費の高騰が加盟店の収益を圧迫している中、廃棄負担も重荷となっている。ファミマはスマートフォン決済アプリ「ファミペイ」に予約機能を追加するなどし、クリスマスケーキ、恵方巻きなどでも予約制を強化する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

651件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World