メニューを閉じる
2019年9月18日(水)
8541 : 銀行
東証1部

【愛媛第二地銀】海運・造船、農林水産業など地場産業振興に積極的。

現在値(15:00):
1,121
前日比:
+2(+0.18%)

四国のメインバンク、伊予銀が最多 民間調べ

2019/8/15 17:34
保存
共有
印刷
その他

四国に本社を置く企業のメインバンクは伊予銀行が全体の20.7%と最多を占めることが、東京商工リサーチ高松支社の調査でわかった。次いで百十四銀行四国銀行阿波銀行と各県の第一地銀が続いた。上位10行のうち7行で企業数が減少しており、第二地銀や信用金庫の健闘により競争が激化し、メインバンクが変更されたためと同支社は分析している。

四国地区内に本社を置く企業5万3269社を対象に、2019年のメインバンクを調査した。

伊予銀は1万1013社、百十四銀7397社(シェア13.9%)、四国銀6594社(12.4%)、阿波銀(12.1%)となった。4行とも18年調査と順位に変更はないものの企業数は減少、一方で5位の愛媛銀行、8位の徳島銀行、10位の愛媛信用金庫(松山市)は企業数を増やした。

県別にみると、各県とも第一地銀が1位、第二地銀が2位となるなかで違いが現れたのは3位。香川は中国銀行、徳島は四国銀行と県外に本社を置く金融機関が、愛媛は愛媛信金、高知は幡多信用金庫(高知県四万十市)と地元の金融機関が3位に入った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

66件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World