メニューを閉じる
2019年9月21日(土)
9021 : 陸運 日経平均採用 JPX日経400採用

【西日本地盤】営業エリアは2府16県。京阪神の都市圏輸送に強み。

現在値(15:00):
9,415
前日比:
-24(-0.25%)

台風10号、総雨量1千ミリ超も 15日にも西日本上陸へ

2019/8/13 5:47 (2019/8/14 1:14更新)
保存
共有
印刷
その他

黄円は風速 15m/s 以上の強風域、赤円は 25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

黄円は風速 15m/s 以上の強風域、赤円は 25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

超大型の台風10号は13日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。14~15日にかけて西日本に接近・上陸する恐れがあり、降り始めからの総雨量は多いところで1千ミリを超える見通し。気象庁は大雨による土砂災害や河川の氾濫、暴風などに厳重な警戒を求めている。

【関連記事】
山陽新幹線運転、15日見合わせも JR西日本
阿波おどり、14日は中止 台風10号接近で16年ぶり

気象庁によると、台風10号は14日午前0時現在、種子島の南東約380キロの海上を時速約15キロで北西へ進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル。中心から半径280キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

台風10号は発達しながら北上し、15日には強い勢力を維持したまま四国や九州に上陸して西日本を縦断する見込み。その後、速度を速めながら日本海に達した後、17日にかけて北日本に接近するとみられる。

台風の影響で紀伊半島から四国の太平洋側を中心に激しい雨が降り、瀬戸内地方など普段は比較的雨が少ない地方でも大雨となる可能性がある。

15日午後6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで、四国800~1千ミリ、東海と近畿400~600ミリ、九州北部300~400ミリ、中国と九州南部200~300ミリ、関東甲信100~150ミリ、伊豆諸島と奄美50~100ミリ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

686件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World