メニューを閉じる
2019年9月22日(日)
6501 : 家庭用電気機器 日経平均採用 JPX日経400採用

【総合電機首位】技術力に定評。事業入れ替えで構造改革推進。

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

日立、電力需給調整システム受注 東電と中部電から

2019/8/2 12:08
保存
共有
印刷
その他

日立製作所は2日、東京電力パワーグリッド(PG)と中部電力から、電力の需給調整取引に使うシステムを受注したと発表した。2021年に電力の安定供給や効率的な調達を目的として創設される需給調整市場での取引で、送配電事業者が活用する。日立は電力会社向けの基幹システムの開発を手掛けてきた実績があり、今後買収するスイスの重電大手ABBの電力システム事業のノウハウも活用しながらシステムを構築する。

日立の需給調整取引システムは送配電事業者が活用する(都内の送電線)

このほど受注したシステムは電力調整市場で取引する基盤となるもので、東電PGと中部電の2社が国内の送配電事業者10社を代表して開発を進めている。発電所から供給する出力と電気を消費する需要を一致させて需給のバランスを調整する。日立は受注額を明らかにしていない。

天候に左右される再生可能エネルギーの導入が増えることや機器の不具合などにより供給力が乱れる可能性があることから、需給調整市場は最終的に需給を一致させ、周波数を維持して電力を安定供給する役割を担う。政府が進める電力システム改革の中でも重要視されている。

日立はこれまで電力会社向けのシステムを手掛けてきた。日立が買収する見通しのABBの電力システム事業はすでに北米や欧州で開設されている需給調整市場でシステムを導入した実績を持つ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1152件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World