メニューを閉じる
2019年9月20日(金)
9006 : 陸運
東証1部

【京浜・三浦半島地盤】沿線の再開発余地大きい。路線延伸が課題。

現在値(15:00):
2,165
前日比:
+11(+0.51%)

神奈川県、観光関連や鉄道の投資相次ぐ 政投銀調査

2019/8/1 15:00
保存
共有
印刷
その他

日本政策投資銀行が1日発表した設備投資計画調査で、2019年度の神奈川県内の設備投資計画は全産業で20.1%増と、首都圏1都3県で最も高くなった。20年の東京五輪・パラリンピックなどに向けた観光関連施設の建設に加え、鉄道での大型投資が押し上げたとみられる。

みなとみらい21地区には京急電鉄など企業の進出が相次ぐ(横浜市)

横浜市などでは宿泊施設の建設が相次いでいる。9月にアパホテルが大型のタワーホテルを開業予定で、ハイアットリージェンシー横浜など外資系ホテルも建設が進む。既存ホテルも客室の改装などで競争力の向上をねらう。訪日客が増加している箱根エリアなどでも新設・改装が相次ぐ。

東京都心部や羽田空港などに近い立地を生かし、オフィスや物流施設の建設も活発化している。京浜急行電鉄は今秋、横浜市のみなとみらい(MM)21地区に本社を移転する予定だ。ヨコレイは20年4月竣工予定で、同市内で研修施設・倉庫を新設する。

鉄道各社によるインフラ投資も活発だ。ホームドアの設置など安全対策のほか、相模鉄道が19年11月にJRと、22年度には東急電鉄とそれぞれ始める予定の、相互直通運転などに関連した大型投資が続いている。京急は大師線の連続立体化工事に関連する投資を予定している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

182件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World