メニューを閉じる
2019年9月18日(水)
7451 : 食品卸
東証1部

【食品卸売り大手】酒類の取り扱いを拡大。低温物流を強化。

現在値(13:54):
2,711
前日比:
+1(+0.04%)

東京五輪見据えた交通規制実験 コンビニや食品卸、配送時間・ルート見直し

2019/7/24 20:23
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピックで予想される道路混雑の対策として24日に行われた交通規制実験では、大手コンビニエンスストアや食品卸なども対応を迫られた。首都高速道路の入り口が閉鎖されるなどしたため、一部で配送ルートや時間を変更したところ、大きな混乱は回避した。実験はより混雑が見込まれる26日も行われ、各企業は影響を検証して対策を練る。

ローソンは、トラックを早めに出発させるなどした(東京都大田区の店舗)

首都高速道路のほか、一般道でも都市方向への流入を絞った今回の交通規制実験。影響があると見られたのが店舗数が多く、各店舗に1日数回商品を配送するコンビニだ。多くは同じトラックで複数の店舗を回るため、渋滞などによって遅れが収益に直結する。

ローソンは今回の規制の影響を試算したところ、東京都内の店舗のうち6割にあたる1千店で、配送が遅れる可能性が浮上した。実際の影響を分析するため、24日は配送トラックの出発時間を通常に比べて30~60分前倒しした。

交通量が増えている箇所を迂回するなどの対策を取ったことで、各店舗には通常よりも20~50分早く商品が到着。目立った遅れはなかったものの、大会に向けさらなる検討を進める。

セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートも一部で配送ルートを変更した。ファミマは「一部で配送が遅れるなどしたが、大きな混乱はなかった」としている。

食品卸大手の国分グループ本社は一部の配送時間を渋滞の少ない時間帯に変更したため、大きな遅配は起きなかったという。同業の三菱食品も同様の対応を取り、配送遅れなどの問題は起きなかった。ただ、来年を見すえて「人員不足など、どのような問題が起こりうるか検証する」(同社)としている。

羽田空港など発着のリムジンバスを運行する東京空港交通(東京・中央)では、定刻よりバスが早く到着するケースもあった。一般道では混雑がみられたものの、首都高の交通量が想定以上に少なかったためという。ただ、「(26日の)金曜日は交通量が増える可能性が高い。引き続き注視したい」(担当者)と話す。

東京都内のタクシーの配車アプリを運営する各社は配車の遅れを警戒していたが「ほとんど影響はなかった。配車の数は多少は減っていると思うが、混乱をきたすようなことはなかった」(DiDiモビリティジャパン)。ディー・エヌ・エー(DeNA)も「(規制による)顧客からの苦情があったとは聞いていない」としている。

24日は大きな混乱はなかったものの、大会期間中は今回以上の渋滞などが予想されることから、26日の実験の状況なども踏まえながら、各社ともさらなる対策作りを進める考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

43件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World