メニューを閉じる
2019年8月20日(火)
9020 : 陸運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【国内最大の鉄道会社】JR7社のリーダー格。関連事業を強化。

現在値(11:30):
10,100
前日比:
+15(+0.15%)

東芝とJR貨物、車両を常時監視 故障復旧を迅速に

2019/7/17 15:00
保存
共有
印刷
その他

JR貨物は東芝の常時監視サービスを活用して、故障や工事からの早期復旧を進める

JR貨物は東芝の常時監視サービスを活用して、故障や工事からの早期復旧を進める

東芝とJR貨物は車両データを蓄積・解析する常時監視を2019年秋に始める。車両の運転室からリアルタイムで走行データを収集し、車両の状態を「見える化」する。指令所や車庫から常時確認し、故障や事故が起きても早急に原因分析や復旧作業ができるようにする。20年度には人工知能(AI)を活用した故障予測も開始。デジタル技術を活用した運行効率化が鉄道システムに広がっている。

まずはJR貨物が保有する東芝製の電気機関車「EH800形式」20両を対象に常時監視を始める。同車両は北海道新幹線の共用区間を走行している。鉄道システムなどを手掛ける東芝インフラシステムズが同サービスを運営する。JR貨物の初期投資は数千万円規模。JR貨物が保有する機関車は550両以上あるが、今後常時監視の対象車両や対象エリアを拡大する方針だ。

車両の運転室に産業用PCを後付けで接続すれば、東芝のサーバーを経由してJR貨物の指令所や工場、車庫、本社などで車両の状態をPCやタブレット端末で常時確認できる。車両の位置情報や速度、ブレーキ操作、バッテリーの状態などが一覧で確認できる。

JR貨物はこれまでも全地球測位システム(GPS)などでダイヤ通りに走行しているか管理していた。ただ故障が発生した際は発生現場に駆けつけて車両情報の収集や原因分析、交換部品の手配を進めていた。

常時監視を導入することで車庫から状況を確認し交換部品を手配、現地には部品を持ち込んで作業できるようになる。3日程度かかっていた車両修理期間を1日程度まで短縮することを目指す。車両修繕費は数%程度の削減を見込む。

20年度にはAIを使い部品の故障予測なども始める。データ解析により車両に組み込まれた機器の異常を検知したり、使用頻度などをもとに故障前に未然に部品交換を促したりできる。

貨物車両が線路上で停止すると新幹線や在来線の運行に影響が及ぶうえ、保守点検員の人手不足で業務を効率化することが喫緊の課題だった。

デジタル技術を使ったリアルタイムでの運行情報の確認は旅客車両ではすでに始まっている。JR東日本は山手線の一部車両で、線路の状態や扉の状態を常時監視し、未然の事故防止につなげている。東京地下鉄(東京メトロ)では丸ノ内線の一部車両に三菱電機の開発した機器を搭載し、走行位置や混雑度などの情報を随時確認している。

ただ常時監視は新型車両の導入と同時に採用するケースがほとんどという。JR貨物の貨物車両の寿命は30年といわれ既存車両に新システムを取り入れるのは困難だった。東芝は電気機関車や電気品を手掛けてきたノウハウを生かし車両監視に必要なデータを絞り込んだため、既存の車両でも後付けの産業用PCだけで状態監視ができるサービスを構築した。

東芝は鉄道の常時監視サービスを今後国内外の鉄道会社や私鉄各社に拡販する。東芝は新たな収益の柱として、鉄道関連などこれまで手掛けてきたインフラ機器とデジタル技術を組み合わせた業務効率化サービスの展開を目指しており、今回のJR貨物との取り組みは先行事例となる。(志賀優一、長尾里穂)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1006件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World