メニューを閉じる
2019年11月20日(水)
6146 : 製造用機械・電気機械
東証1部
JPX日経400採用

【半導体切断装置のトップ】世界シェア8割。技術開発力に高い評価。

現在値(12:48):
22,950
前日比:
-790(-3.33%)

ディスコ 長野県に第2拠点 社長「茅野、飯田が有力」

2019/7/12 20:00
保存
共有
印刷
その他

半導体製造装置メーカー、ディスコの関家一馬社長は12日、長野事業所・茅野工場(長野県茅野市)で記者会見し、長野県内に第2の製造拠点が将来必要になってくるとの考えを明らかにした。長期的に生産体制の強化が課題になるとの認識で、用地を選定する作業を始めているという。

記者会見するディスコの関家一馬社長

ディスコの長野事業所・茅野工場の新棟建設予定地(長野県茅野市)

関家社長は「長野県内で第2拠点が(将来は)必要だ。(現在の拠点がある)茅野市が有力候補だが、リニア中央新幹線が通る飯田市も捨てがたいと考えている」と説明した。ただ、用地は「じっくり、いいところを探す」と語り、取得時期や規模などは未定という。

同社は生産体制の強化を進めている。長野事業所・茅野工場では15日、新棟の建設工事に着手する。12日は建設予定地を報道陣に公開した。

新棟は免震構造の10階建てで、延べ床面積は約13万2千平方メートル。投資額は約175億円で、20年末に完成する予定。新棟建設は広島県の製造拠点が被災した場合のリスク回避に備える狙いもある。

半導体製造装置はメモリー市況の悪化や米中貿易摩擦の影響を受け、19年の世界販売額は減少する見通しだ。関家社長は「予測は気にしていない。長期的には人類は半導体を使っていく」と述べ、自動運転車や人工知能(AI)、医療などの分野で半導体需要は伸びていくとの認識を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

80件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World