メニューを閉じる
2019年8月21日(水)
4812 : システム・ソフトウエア
東証1部

【システム開発】電通の子会社。金融・製造業向けが得意。

現在値(15:00):
3,415
前日比:
±0(±0.00%)

AIが通行人に話しかけ 電通系とクーガーが実証実験

2019/6/27 12:31
保存
共有
印刷
その他

電通国際情報サービス(ISID)は29日から人と対話できる「AI(人工知能)アシスタント」の実証実験を東京都内で始める。デジタルサイネージ(電子看板)に映し出されたキャラクターが設置地域に関連した情報を能動的に発信。通行人が顔を向けているかどうかを認識し、最適なタイミングで話しかける。

人工知能(AI)アシスタントが立ち止まった通行人に自発的に声をかける(実証実験のイメージ)

最先端技術の活用法を研究するISIDの「オープンイノベーションラボ」とAIアシスタントを開発したクーガー(東京・渋谷)が共同で実験を進める。29~30日の2日間、京王線調布駅前の商業施設「トリエ京王調布」(東京都調布市)内の広場に専用装置を設置し、地域住民の行動に変化を促せるかどうかを検証するという。実験の対応言語は日本語のみだが、誰でも参加が可能。

デジタルサイネージに映し出されたヒト型のAIアシスタント「レイチェル」が通行人の歩くスピードなどを検知し、会話に備える。待機時は肩をゆらして歩いたり髪をかきあげたりなどし、通行人が立ち止まるように仕向ける。

人の顔が正面を向いていることを認識すると、21種類の表情を交えて手を振ったり、あいさつしたりして会話のきっかけをつくる。通行人が返答すると会話がスタートし、地域の見どころやイベントに関するクイズを出題。対話をリードしながら地域の魅力や取り組みを発信していく。商業施設内のセール情報や周辺のスポーツ施設での試合情報も発信する。

実証実験を通してAIアシスタントの精度を高め、将来的には地域活性化などに役立てていきたい考え。ISIDは地域のイベントなどの周知活動に苦労する自治体などにAIアシスタントの導入を促していきたい考え。クーガーは技術改良を進め、AIアシスタントが人の表情やジェスチャーに合わせた行動がとれるようにしていく。「早ければ2020年内に実用化する」(クーガー)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

49件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World