メニューを閉じる
2019年8月23日(金)
4901 : 情報機器・通信機器
東証1部
日経平均採用

【多角化】写真主体から複写機、医療、印刷、液晶材料などに転換。

現在値(15:00):
4,616
前日比:
+50(+1.10%)

日本MSが販売パートナー制度 非IT企業の参加募る

2019/6/25 22:45
保存
共有
印刷
その他

日本マイクロソフトは25日、業種特化型の販売パートナー制度を開始したと発表した。制度に参加した企業にクラウドを採用したITシステムのモデル構成を紹介したり、技術者の育成を支援したりする。以前から協業するIT企業とは別に、特定の業種の業務知識に詳しい企業に参加してもらうことで、パブリッククラウド「アジュール」の販路を拡大する。

発表する日本マイクロソフトの高橋美波執行役員常務パートナー事業本部長

流通や製造といった業種ごとに、よく使われる用途に合わせたITシステムのモデル構成をパートナー企業に提供する。モデル構成を応用すれば、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」といった最新のデジタル技術を活用したITシステムが構築しやすくなる。このほか、技術者の育成やサービスの開発、販売促進なども支援する。

企業のクラウド採用が進むにつれて、流通では店舗の消費者の分析、製造では設備の予防保全といった具合に、現場業務への活用が広がりつつある。日本MSは既存のIT系のパートナーとは別に、顧客企業の現場業務に詳しいパートナーを開拓し、販路の拡大を目指す。まず、金融、流通、製造、ヘルスケアの4業種向けに制度を始める。今後、政府・自治体、教育機関、交通・サービスなどの業種に拡大する。

今回のパートナー制度には大日本印刷富士フイルムなど、のべ92社が名を連ねた。流通分野で参加した大日本印刷は、MSのモデル構成と自社の技術と組み合わせることで、流通小売業向けのシステムを従来よりも短期間で構築できるとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

496件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World