メニューを閉じる
2019年8月19日(月)
7752 : 情報機器・通信機器
東証1部
日経平均採用

【複写機大手】国内販売力に定評。海外販路強化に注力。

現在値(15:00):
947
前日比:
+5(+0.53%)

対局記録をAIで 将棋連盟、「記録係」無人化へ実験

2019/6/20 17:32
保存
共有
印刷
その他

日本将棋連盟とリコーは20日、AI(人工知能)を活用した将棋の棋譜(対局の記録)作成システムを共同開発したと発表した。盤上の動きを天井のカメラで撮影、AIがその映像を解析して自動で棋譜を作る。7月に始まる第9期リコー杯女流王座戦の本戦から実証実験を行い、人手不足が慢性化する「記録係」の無人化も視野に来春以降の本格導入を目指す。

将棋の公式戦は年間3000局以上行われている。その全てにプロの卵である10~20代の奨励会員らが記録係として立ち会って棋譜を作成してきた。ただ高校・大学に進む奨励会員が増え、棋戦も増加していることから人手不足が慢性化。「棋士の人生を支えるもので、将棋連盟の大きな財産」(佐藤康光九段・将棋連盟会長)である棋譜を、将来残せなくなることが懸念されていた。

AIによる棋譜作成システムのデモンストレーションの様子(20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館)

AIによる棋譜作成システムのデモンストレーションの様子(20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館)

今回のシステムは、映像上の両対局者の着手のタイミングから一手ごとの消費時間も計測・記録する。両者が同じ手順を繰り返す、引き分けの「千日手」にも対応する。

対局の緊迫した場面では棋士が前のめりになって盤を覆ってしまうこともあるが、盤から離れた時点の映像からAIが指し手を解析する。将棋連盟としても、棋士に「盤を覆わないよう注意を促すことになるだろう」(鈴木大介九段・将棋連盟常務理事)。

専用の棋譜用紙に手書きで記入していた記録の作業をタブレット端末への入力とするなど、将棋連盟はこれまでも記録業務の省力化を進めてきた。AIを活用することで、記録係の無人化も視野にさらなる効率化を目指す。

リコーは様々な分野でAIの活用を進めており、同社の将棋部は強豪として知られる。2011年からは女流のプロ棋戦であるリコー杯女流王座戦を、将棋連盟とともに主催している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

246件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World