メニューを閉じる
2019年8月24日(土)
4528 : バイオ・医薬品関連
東証1部
JPX日経400採用

【製薬準大手】がん領域の新薬「オプジーボ」の普及拡大で急成長。

現在値(15:00):
1,985.0
前日比:
-0.5(-0.03%)

小野薬品の株主総会、「説明責任果たしていない」
本庶氏との対立巡り 株主から意見

2019/6/20 15:50
保存
共有
印刷
その他

小野薬品工業が20日、大阪市内で株主総会を開いた。同社は本庶佑・京都大学特別教授と、がん免疫薬の特許への対価を巡り対立している。相良暁社長は総会で「ご心配をおかけした」としつつ、「当事者同士で話し合うべき事で、この場では言えないことがある」と詳細な説明は避けた。株主からの質問では対立や株価の低迷を問題視する声が相次いだ。

がん免疫薬の対価を巡る質問が相次いだ(20日、大阪市)

株主からは「本庶氏との当初の契約内容を知りたい」との声が多かったが、具体的な説明はなかった。

福岡県久留米市から来た60代の男性は「株主への説明責任を果たしていない。危機管理対応もお粗末だ」と苦言を呈した。そのうえで「契約は契約。本庶氏が見直しを求めることもおかしい」と話した。本庶氏が小野薬品の提訴を検討していることについても、京都市の60代男性は「裁判になっても契約があるので、小野薬品が勝てるのではないか」と話した。

一方で「株主への分け前が減るが、当初契約の経緯次第では寄付も仕方ない」(大阪市の70代男性)との声もあった。対立の解消を求める声は少なくない。大阪市の50代女性は「今後の医学のためには少額でも毎年寄付し、ウィンウィンの関係になった方がいい」と話す。京都市の20代女性は「薬自体に価値はある。対立の話よりも、患者のために副作用をどうするかなど本業の話を聞きたかった」と述べた。

小野薬品は総会後、「株主からの声を踏まえて本庶氏側との話し合いを続けていく」とコメントした。この日の総会には前年と比べ355人少ない553人が出席し、所要時間は98分(前年は116分)だった。意見や質問を表明した株主は9人(同14人)だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

156件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World