メニューを閉じる
2019年7月20日(土)
4519 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【製薬大手】スイスのロシュ傘下。がん領域など新薬候補は充実。

現在値(15:00):
7,300
前日比:
+210(+2.96%)

コニカミノルタ、がん遺伝子検査で東大などと共同研究

エレクトロニクス
ヘルスケア
2019/6/6 16:24
保存
共有
印刷
その他

コニカミノルタは6日、東京大学や国立がん研究センター研究所と共同で、次世代のがん遺伝子検査パネルを開発すると発表した。がん患者の遺伝情報から最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」のための遺伝子の検査で、東大が持つがん遺伝子パネル検査に、コニカミノルタ傘下の米アンブリー・ジェネティクスの技術を組み合わせる。半年後をめどに開発し、臨床的な成果につなげたい考えだ。

がん遺伝子検査での共同研究を発表するコニカミノルタの藤井専務執行役(右から2人目)=6日、都内

がんは遺伝子の変異をきっかけに発症する。遺伝子変異を探し、対応する薬を投与すれば高い効果が期待できる。遺伝子パネル検査では、がん組織などの多数の遺伝子を一度に調べ、専門家が結果を解析。最適な薬の選択につなげる。

コニカミノルタはがんなどの分野で患者に最適な治療法を提供する「個別化医療」を新規事業の一つに位置付けている。カメラや写真などの事業を手掛けてきた同社は材料・光学分野の技術を持っており、タンパク質を精密に測定する技術を自社で開発する。

17年にはアンブリー社と製薬会社の創薬を支援する米インヴィクロ社を合計1000億円以上を投じて傘下に収めた。画像診断装置などではわからない、分子レベルの体の異変をとらえる。事業を担当する藤井清孝専務執行役は「がんは遺伝子の異変から起こる病気で、臓器別の治療法が正解とは限らない」と説明。「人の体を分子レベルでプロファイリングする」(同)ことで医療機関や製薬企業を支援できるとみる。

がんゲノム医療については5月、中央社会保険医療協議会(中医協)が保険適用にすることを決定。これを受けて中外製薬シスメックスなどのシステムが対象に決まった。

(諸富聡)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

134件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World