メニューを閉じる
2019年7月16日(火)
3679 : インターネットサイト運営
東証1部

【検索サイトを運営】求人や旅行などの情報の一括検索が強み。

現在値(15:00):
787
前日比:
-40(-4.84%)

スタートアップ支援協会、エンジェルファンド組成

スタートアップ
2019/5/30 15:20
保存
共有
印刷
その他

一般社団法人日本スタートアップ支援協会(大阪府池田市、岡隆宏代表理事)はスタートアップ企業に投資するファンドを組成した。上場企業の経営者20人以上が「エンジェル」としてファンドに参加し、起業家を指導するのが特徴だ。

日本スタートアップ支援協会の岡隆宏代表理事

ファンド名は「日本スタートアップ支援1号投資事業有限責任組合」。ベンチャーキャピタル(VC)のフューチャーベンチャーキャピタル(京都市)との共同運営で、6月から投資活動を始める。すでに上場経営者などから約5億円を集めている。今後は金融機関や事業会社からも出資を募り、最終的に10億円を目指す。

既存のVCファンドとの違いは、起業家が起業家を育てる点だ。東証1部上場のエボラブルアジアの吉村英毅社長、じげんの平尾丈社長など、新規株式公開(IPO)の経験を持つ新興企業の経営者がファンドに出資している。スタートアップはこれら先輩経営者から直接アドバイスを受けることができる。

日本は米国に比べて個人でスタートアップに投資する「エンジェル」の数が少ない。スタートアップは知識不足のまま、投資家と交渉し「資本政策に失敗するケースも多い」(岡代表理事)。さらに経営者からも「エンジェルに興味はあるが、どのように投資したらよいか分からない」といった相談が同協会に寄せられているという。

同協会は会員である100社程度のスタートアップを中心に有望な投資先を選定し、エンジェルとマッチングする。特にVCから投資を受ける機会が少ない地方企業や女性起業家の支援に力を入れていく考えだ。

(鈴木健二朗)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

11件中 1 - 11件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World