メニューを閉じる
2019年8月21日(水)
本社住所

関税応酬で世界成長3%割れも
キャサリン・マン氏

2019/5/27 2:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国と中国が繰り広げる貿易戦争が世界経済の視界を遮っている。制裁関税の応酬は米中と世界の景気をどの程度揺るがすのか。経済協力開発機構(OECD)で経済分析を率い、現在は米シティグループのグローバル・チーフエコノミストを務めるキャサリン・マン氏に聞いた。

■合意の確率55%

――米国が中国からの全輸入品に25%の関税を課す「第4弾」を決めました。

「『今日の貿易戦争か明日の貿易合意か』ということだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

159件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
  • QUICK Money World