メニューを閉じる
2019年8月21日(水)
9536 : 電力・ガス
東証1部(優先)

【都市ガス4位】地盤は福岡、長崎、熊本県など。供給区域が分散。

現在値(12:30):
2,088
前日比:
-36(-1.69%)

LNGで動く環境に優しい船、九電など燃料供給実験

2019/5/15 16:00
保存
共有
印刷
その他

九州電力西部ガスなどは15日、環境に優しい液化天然ガス(LNG)を燃料に使う小型貨物船にLNGを供給する実験を北九州港(北九州市)で実施した。LNGは次世代の船舶燃料として活用が見込まれており、九州での実験は初めて。LNGを燃料とする船舶は国内で2隻しかなく、まだ珍しいが、九電などはアジアに近い北九州の立地を生かし、LNGの船舶向け供給の事業化を目指す。(映像提供=TVQ九州放送)

実験には日本郵船が国内で初めて開発したLNG燃料船「魁(さきがけ)」が参加した。西部ガスのひびきLNG基地(北九州市)からタンクローリー車でLNG燃料を輸送し、専用のステンレス製ホースを使って約7トン供給。セ氏マイナス約160度に冷却されたLNGが船に注入されると、ホースがたちまち氷結。周囲に冷気の白煙が立ちのぼった。

船舶燃料として一般的な重油に比べ、LNGは二酸化炭素(CO2)排出量が少なく、酸性雨の原因になる硫黄分も含まない。国際海事機関(IMO)は2020年に船舶燃料の硫黄分排出の規制を強化する方針で、CO2も今後規制が強まると予想されている。

九電などは船舶燃料としてLNGの需要が高まるとみており、日本郵船は16年にベルギーで世界初となるLNG燃料の自動車専用船を就航した。

北九州市には西部ガスのほか、九電子会社もLNG基地を構える。日本海から瀬戸内海への入り口でもあり、中国電力も実験に参加した。九州は貨物船や自動車専用船の寄港や、内航船・外航船の往来も多い。LNG燃料船が今後増加した場合に備え、九電などは大分県など他地域を含めてLNGの供給事業の可能性を探っている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

88件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World