メニューを閉じる
2019年7月18日(木)
3197 : 飲食店
東証1部
JPX日経400採用

【ファミレス大手】国内重視。郊外で強いが都市部出店も進める。

現在値(15:00):
1,959
前日比:
+18(+0.93%)

迫る5G 産業が変わる(3)好みのメニュー、すぐ分析

小売り・外食
モバイル・5G
2019/5/10 18:29
保存
共有
印刷
その他

東京都渋谷区にあるガスト渋谷宇田川町店は、すかいらーくホールディングスが期待を寄せる未来のファミレスだ。特徴は各席のタブレット端末「デジタルメニューブック」。単にメニューの冊子を電子化したのではなく、時間帯や店の立地、その日の天候によってメニューを随時変えることができる。

すかいらーくは複雑なデータ分析を通じて、顧客ごとに最適なメニュー表示を実現する

すかいらーくは複雑なデータ分析を通じて、顧客ごとに最適なメニュー表示を実現する

「将来は来店者一人ひとりの好みに寄り添ったメニューをお示ししたい」。そう語るのはデジタル戦略を担当する和田千弘取締役。今日は風が強いですね、温かい食べ物がお好きなお客様には、こちらのメニューがおすすめです――。高級店でしか実現できていなかった店と客とのコミュニケーションを、すかいらーくは3200店全店に広げたい考えだ。

実現に向けて欠かせないのが、大容量データを高速に送受信できる次世代通信規格「5G」だ。どのメニューで注文を迷い、どんな順番で選んでいるのか。幅広い情報を組み合わせて分析するとなると「現状より何十倍、何百倍の通信速度が必要になる。5Gがなければ、未来のファミレスは実現できない」と和田氏は話す。

これまでは店舗の情報端末で決済などのデータを分析していた。複雑なアルゴリズム処理が求められるようになれば、本部が管理するクラウドシステムに送信して、高度な分析が不可欠になる。

データに基づいたマーケティングは米アマゾン・ドット・コムや米グーグルなどネット大手の独壇場だった。実店舗を展開する小売り・外食業が巻き返す上で、5Gはリアルとデジタルをつなぐ必須の手段になる。

商品をより魅力的に紹介できる拡張現実(AR)を活用した買い物体験の実現のほか、臨場感あふれる360度映像が楽しめる仮想現実(VR)も5Gが後押しする。米調査会社のガートナーはARショッピングを利用する消費者が20年までに世界で1億人に達すると見込む。

従来、小売業は店舗の立地や品ぞろえが競争の主要な軸とされてきた。だが5Gの登場で店舗が顧客に提供する情報のあり方が多様化すれば、「買い物という『体験』の価値が競争軸となる時代になる」とボストン・コンサルティング・グループの森田章パートナーは話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

182件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World