メニューを閉じる
2019年6月18日(火)
1802 : 建設・土木
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建設大手】関西地盤で土木に強み。北米とアジアでも展開。

現在値(15:00):
1,025
前日比:
-12(-1.16%)

迫る5G 産業が変わる(2)建機の操作、自宅でも

ネット・IT
自動車・機械
モバイル・5G
2019/4/27 1:13 (2019/5/10 18:48更新)
保存
共有
印刷
その他

「ラジコン建機」。かつてそう呼ばれた遠隔操作の建設機械が、次世代の高速通信規格「5G」の力でより身近な存在になりつつある。災害復旧の現場などで利用されてきたが、精度の向上で作業の安全性がさらに高まると期待されている。一般的な現場作業をオフィスから遠隔操作する、新たな「ワークシェア」の概念が生まれる可能性もある。

コマツは5Gを使ってブルドーザーの遠隔操作を実験(千葉市)

コマツがこのほど千葉市美浜区で手がけた実証実験。デモ施設内で、黄色いブルドーザーが地面を手際よくならしていた。操作席は無人。動かしていたのは数キロメートル離れた幕張メッセに設置されたコックピットで映像を確認していたオペレーターだ。「おっ、動いた」。幕張メッセでは画面を通じて多くの人がデモを見守った。

コマツはNTTドコモと共同で、この建機の遠隔操作の実証実験を実施した。20年の5Gの商用化を受け、建設現場への導入を目指す。遅延が少なく高精細な映像を得られる5Gは、操作の快適性や安全性の向上につながるという。

日本建設業連合会(東京・中央)によると、高齢者の大量離職などで25年度の建設技能労働者は需要に対して約130万人不足する見通しだ。仕事がきついイメージで若者離れも起きていたが、5Gの活用で担い手の裾野が広がる可能性もある。

コマツの四家千佳史執行役員は、働き方の多様化なども踏まえ「今後自宅にいる人が現場を遠隔操作するようなニーズが出てくるか見極めたい」と話す。

競合他社も実証実験を急いでいる。コベルコ建機はがれきを持ち上げた時の重さなどを、振動や傾きでリアルに操作者に伝えることが可能な操縦システムを開発中。25年にも実用化したい考えだ。

KDDI大林組NECも18年、建設中のダムで土砂災害の土砂撤去を想定した建機の遠隔操作の実証実験をした。通常0.2秒程度あると作業員の疲れが生じやすい映像の遅延を0.1秒以内に抑えたという。

今後の業界の課題は、映像の臨場感の向上や通信が切れた場合の対処法など。操作の習熟やコールセンターのような支援体制の整備も5Gの定着には重要になりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

234件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World