メニューを閉じる
2019年11月22日(金)
6305 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建機大手】油圧ショベルに強み。鉱山機械も拡充。

現在値(15:00):
2,678
前日比:
-52(-1.90%)

18年度の建機出荷額、過去最高の2兆8073億円

2019/4/25 18:37
保存
共有
印刷
その他

日本建設機械工業会(建機工)が25日発表した2018年度の建設機械出荷額(補給部品含む総額)は前年度比8.2%増の2兆8073億円と2期連続で増加し、過去最高となった。内需は排ガス規制の駆け込み需要の反動減があったが、後半に向けて回復した。外需が欧米やアジア、オセアニアなど全般が好調で全体をけん引した。

外需は12.6%増の1兆8148億円と2年連続で増えた。機体本体の出荷額を地域別にみると、北米が22.8%、アジア(中国を除く)が9.8%、欧州が14.1%増えるなど中近東、アフリカ以外の全地域の出荷が増えた。機種別では各社主力の油圧ショベルが17.4%増になるなど好調だった。

北米ではエネルギー関連のインフラなど向けの建機などが好調だったほか、インドネシアなどでは鉱山需要も旺盛だった。中国向けは21%増だったが「日本からの出荷台数が少なく実態を反映していない可能性がある」(建機工)。

内需は0.9%増の9925億円と3年ぶりの増加となった。4~9月期は排ガス規制の駆け込み需要の反動減で需要が減少したが、10月以降回復した。

3月の単月の建機出荷額は6.8%増の3004億円と、単月ベースでの3000億円超えは1990年以降で初めて。外需は2.0%増の1768億円、内需は14.4%増の1236億円だった。外需は補給部品などを含めると過去最高で「各社補給部品など継続的なビジネスを強化している影響があった」(建機工)という。

各社の企業業績も好調だ。日立建機が24日発表した19年3月期の連結決算は、売上高が初めて1兆円を突破した。

米キャタピラーも同日、19年1~3月期の業績を発表。売上高は前年同期から5%増え、特に鉱山機械事業が収益を支えた。建機需要は北米での道路建設が好調で3%増収したが、他地域は減少した。

世界の建機需要については19年度は「18年度の水準を下回る可能性がある」(日立建機)。今後新たな新車販売が見込みにくい中、売りきりではなく継続的なビジネスの開拓を本格化するフェーズに入り始めている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

180件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World