メニューを閉じる
2020年8月16日(日)
4800 : コンテンツ制作・配信
JQス

【ランキング配信】音楽情報中心。ポータル・携帯サイトも運営。

現在値(15:00):
892
前日比:
-9(-1.00%)

メガヒットが彩った平成の音楽

2019/4/29 6:00
保存
共有
印刷
その他

音楽情報会社オリコンが、平成30年間のシングルとアルバムの売上枚数をまとめたランキングを発表した。100万枚以上のミリオンセラーが続いた1990年代の歌が上位を占め、メガヒットの時代があったことを物語る。

宇多田ヒカルの第一作「First Love」(1999年)は、歴代1位の767万枚を売り上げた

宇多田ヒカルの第一作「First Love」(1999年)は、歴代1位の767万枚を売り上げた

CDやDVDなど音楽ソフトの売り上げは91年に4000億円の大台にのせ、98年にピークの6075億円に。シングルの1位~10位をみると90年代に出た歌が8曲入る。米米CLUB「君がいるだけで」や小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」などで、ほとんどがテレビドラマの主題歌だ。

音楽評論家の反畑誠一は「構造的なヒットの時代」と当時を振り返る。購買層の中心である若者に好まれた都市型の恋愛ドラマとタイアップし楽曲を一気に広めた。さらに新曲をすぐ配信する通信カラオケが普及。流行曲を歌い合うことが定着し、音楽がコミュニケーションのツールになったことも起爆剤になったという。

90年代末から2000年代前半は宇多田ヒカルと浜崎あゆみがけん引し、複数のアルバムが上位にランクインした。その後、ソフトの売り上げは低迷するが、ライブ動員が伸び続けた。平成の前半はメガヒットが彩り、後半はライブの時代といえる。新しく始まる令和は音楽をどう育むだろうか。

(諸岡良宣)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

19件中 1 - 19件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World