メニューを閉じる
2019年9月20日(金)
6293 : 製造用機械・電気機械
東証1部(優先)

【射出成形機の国内大手】専業メーカー。国内シェアは約2割。

現在値(11:30):
1,007
前日比:
+3(+0.30%)

長野県内の入社式でトップ訓示 時代の変化に対応を

2019/4/1 22:00
保存
共有
印刷
その他

新年度がスタートした1日、長野県内の各地で入社式や辞令交付式が行われた。平成最後となる入社式では、「令和」に改元する新時代に向けて、企業のトップは時代の変化に対応した取り組みを求めた。

長野県内で1日、多くの企業で入社式が行われた(八十二銀行グループの入社式)

八十二銀行は午前10時すぎから、長野市内の本店でグループ入社式を開いた。新入社員151人に対し、湯本昭一頭取は「これからの金融界は大きく、急速に変化していく」と強調。「業界の慣行や前例にとらわれない発想に基づく商品やサービスが当たり前になる時代が来ており、若い皆さんの新しい感覚に期待するところは大きい」と語った。

入社式終了後に新元号「令和」が発表された。塩尻市出身の斉藤萌子さん(22)は、「新元号とともに(社会人として)良いスタートができるよう頑張りたい」と抱負を語った。

長野銀行では19人の新入行員が入社式に臨んだ。中條功頭取は「他業種からの参戦や技術の発達で、金融は相当な速さで変化している」と指摘し、新たなビジネスモデルの確立を呼びかけた。26年ぶりに4人の高卒者を採用し、「地域貢献と多様性を促したい」としている。

セイコーエプソンの碓井稔社長は311人の新入社員に「デジタル技術を取り入れ、商品だけでなく販売やオペレーションの仕組みなどを抜本的に変革しなければならない」と呼びかけた。

長野県中小企業家同友会は加盟企業28社、58人の合同入社式を長野市内で開いた。松本克幸代表理事は「常に今やっていることが何のため、誰のためかを念頭に置いてほしい。今をどう生きるかが大切だ」と訓示した。

プラスチック射出成型機製造、日精樹脂工業の依田穂積社長は「絶え間なくイノベーションを業界に先駆けて実現していくことが当社の存在意義だ。常に自分たちの仕事が社会の役に立っているか考えてほしい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

20件中 1 - 20件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World