メニューを閉じる
2019年9月22日(日)
8802 : 不動産・住宅
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【ビル賃貸業大手】通称丸の内の大家さん。マンションにも定評。

現在値(15:00):
2,113.5
前日比:
+27.5(+1.32%)

30代のIT起業家に積極投資 コーラル・キャピタル

2019/4/2 6:30
保存
共有
印刷
その他

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ベンチャーキャピタル(VC)のコーラル・キャピタル(東京・千代田)は2月、日本のスタートアップ企業に投資する総額50億円のファンドを組成した。米有力VCの500スタートアップスで日本向けのファンドを担当していたチームが独立、日本の市場に合わせた独自の投資戦略を描く。共同代表のジェームズ・ライニー氏、沢山陽平氏に独立の背景などを聞いた。

コーラル・キャピタルのジェームズ・ライニー氏(右)と沢山陽平氏

コーラル・キャピタルのジェームズ・ライニー氏(右)と沢山陽平氏

――米VCの日本向けファンドの運用を3年間担ってきました。なぜ独立することにしたのですか。

ライニー氏「日本のスタートアップを巡る環境変化が大きい。3年前に日本で投資を始めた時は『シード』と呼ばれる創業期の企業は1000万円前後の資金調達が主流だった。今では3000万~5000万円が当たり前だ。保険や貸金業など難しい事業領域に挑戦する起業家が増えており、許認可の取得などで多額の資金が必要なためだ」

「500スタートアップスは社名の通り、多数の企業に少額の資金を提供する『アクセラレーター』として知られる。日本で38億円の1号ファンドを立ち上げた当初は、この少額多数の戦略に基づき200社ほどに投資する計画だった。しかし日本でもVCが増え、お金は『コモディティー化』している。もっと投資社数を絞って、1社1社をしっかり支援したほうがよいと考えた」

――500の中で新たな戦略を実行することは考えなかったのですか。

「投資戦略とブランドは一緒になっている。日本では1号ファンドの途中から投資戦略を見直しており、グローバルな戦略とズレが生まれていた。米500の経営陣とも協議し、新たなブランドでのVC設立を認めてもらった」

――新ファンドでは目標の50億円が集まりました。 「500の1号ファンドの出資者であるみずほ銀行や三菱地所に加えて、新規で新生銀行Jパワーも加わった。社名は公開できないが、著名な海外機関投資家の出資も受けている。1社あたりの投資額は5000万~2億円と、前回ファンドよりも追加投資の枠を1億円積み増した」

投資先スタートアップの人材採用も支援する(19年1月に開いたキャリアイベント)

投資先スタートアップの人材採用も支援する(19年1月に開いたキャリアイベント)

――どんなスタートアップに投資しますか。

「分野は絞っていないが、IT(情報技術)を活用して伝統的な産業を変革したい30代の起業家を中心に投資したい。アプリをつくって数十億円の売却を目指すのではなく、物流や保険、医療などの業界経験が豊かな人のスタートアップ参入を後押ししたい」

――500の1号ファンドも継続して運用します。現在までの成果は。

沢山氏「1号ファンドでは43社に20億円強を投じ、新規投資の枠はほぼ使い切った。3社はM&A(合併・買収)で売却済みだ。大半の投資先は当社が投資した後に次の資金調達に成功しており、累計調達額は約150億円に上る」

「資金調達を支援するため、国内500社以上のVCのデータベースを作成しており、誰がどんな分野に興味を持っているかを把握している。これを基に投資先と相性の良いVCを紹介する取り組みがうまくいっている」

「投資先企業の人材採用や広報といった業務も支援している。知名度が低いスタートアップはなかなか候補者が来てくれないため、18年はキャリアイベントを2回開いた。1回あたり200人強が集まり、十数人の採用につながった」

(企業報道部 鈴木健二朗)

[日経産業新聞2019年3月19日付]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

370件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World