メニューを閉じる
2019年11月22日(金)
8393 : 銀行
東証1部(優先)

【宮崎地盤の中位行】農業・環境向け融資攻勢。リテールも強化。

現在値(15:00):
2,622
前日比:
+15(+0.58%)

大分銀と宮崎銀、地方創生で包括連携協定

2019/3/28 19:24
保存
共有
印刷
その他

大分銀行宮崎銀行は28日、地盤である東九州地域の経済活性化に向け、包括提携を結んだと発表した。インバウンド(訪日外国人)の取り込みや地産品の販売拡大で協力する。九州では地銀の再編機運が高まっているが、同日会見した両行の頭取は将来の経営統合については否定した。

大分銀の後藤富一郎頭取と宮崎銀の平野亘也頭取はいずれも「少子高齢化や交通インフラ整備の遅れは東九州共通の課題」と指摘。後藤頭取は「同じ東九州の地銀として、地場産業の海外展開や将来への可能性を一緒に広げたい」と語った。

具体的には(1)インバウンドの取り込みなど観光振興(2)地域ブランドの発信(3)地域資源の活用――で連携する。両行で推進協議会を立ち上げ、観光協会などの参加を呼びかける。ラグビーのワールドカップや東京五輪に向けた誘客策も練る。

両行が設立に関わった地域商社とも協力し、東九州一体で地域産品のPRや販路拡大を進める。取引先のビジネスマッチングの連携も検討する。

ただ将来の経営統合への布石との見方は否定した。平野頭取は「両行とも『独立』の方針を打ち出しているからこそ、コラボできた」と述べた。後藤頭取は「両頭取とも統合しようという意見ではない。地域の経済力を上げ、稼げる地域になれば可能性を生み出せる」とした。

宮崎銀行と組む理由について、後藤頭取は「東九州は我々のルーツ。高速道の整備などは広域で要望していかないといけない」と説明した。将来については「本当は北九州や四国ともつながりたい」との考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

50件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World