メニューを閉じる
2019年6月17日(月)
1802 : 建設・土木
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合建設大手】関西地盤で土木に強み。北米とアジアでも展開。

現在値(15:00):
1,057
前日比:
-1(-0.09%)

横浜・みなとみらいの新高島駅前に大型複合ビル

住建・不動産
南関東・静岡
2019/3/28 20:30
保存
共有
印刷
その他

大林組ヤマハ京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産の4社で構成する企業グループは28日、横浜市のみなとみらい(MM)21地区にあるみなとみらい線・新高島駅前に大型複合ビルを建設すると発表した。オフィスを中心に商業施設やホテルなどが入り、2023年11月の竣工を予定する。

新高島駅前にできる大規模複合ビルは総投資額が約1100億円を見込む(完成イメージ)

総投資額は約1100億円を見込み、地上28階建てのWEST棟と同15階建てのEAST棟の2棟を建設する。延べ床面積は計約18万平方メートル。2棟合わせた就業者数は1万2000人程度になる見通しだという。20年12月に着工する予定だ。

WEST棟は低層階に商業施設が入り、中層階はオフィスビル、上層階をホテルにする。3階にはにぎわい施設として、イベントを開ける小ホールなども造るという。

EAST棟も低層階には商業施設を設ける。3階には周辺企業などと交流できる「オープンイノベーションスペース」を造る予定だ。中層から上層階はオフィスとする。

建設予定地は横浜市が所有するMMの中央地区53街区(敷地面積約2万平方メートル)。4社は市の公募に216億円で落札した。他の事業者による提案も1件あったが、開発実績や財務基盤、具体的で確実性の高い計画などが評価された。

同街区の公募は今回で4回目。1回目が実施された15年以降、応募がなかったり、不採択になるなどして決まらない状況が続いてきた。開発中を含めMM地区の約9割はうまっているが、今回、同街区の開発事業者が決まったことで、残るみなとみらい橋近くの62街区や、高島中央公園近くの52街区などの事業者決定にも弾みがつくことが期待される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

234件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World