メニューを閉じる
2019年7月17日(水)
2897 : 食品製造
東証1部
JPX日経400採用

【即席めん大手】シェア1位。国内市場成熟で海外展開に注力。

現在値(15:00):
6,800
前日比:
-70(-1.02%)

魅惑の宇宙グルメ、日本企業とJAXAが連携

2019/3/27 19:22
保存
共有
印刷
その他

宇宙に滞在し、細胞培養マグロや月面産フォアグラをぺろり――。そんな未来に向け、日本勢が動き始めた。ベンチャーキャピタル(VC)のリアルテックファンド(東京・港)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、シグマクシスは27日、宇宙食分野で30以上の企業や研究機関が連携する取り組みを始めると発表した。食品大手や新興企業などが加わり、宇宙食市場の拡大を目指す。

リアルテックファンドやJAXAが宇宙食での協業プログラム「スペースフードX」を立ち上げた。食糧の生産・加工、宇宙への輸送の各分野を担う企業などが参加し、連携して研究開発を進める。藻類を活用するユーグレナや人工培養肉の開発に取り組むインテグリカルチャー(東京・文京)が宇宙での食糧生産を狙う。日清食品ホールディングスハウス食品グループ本社サッポロホールディングスが食品加工で参加する。

発表会では2040年の月での食卓のイメージを披露した。月面の植物工場で生産した野菜のサラダや、藻類のスープ、人工培養肉のステーキなど、宇宙での地産地消を意識したメニューが並ぶ。研究開発段階のメニューが多いが、20~21年にも宇宙で実証も始めたい考えという。牛肉などで培養肉を模したステーキを試食した宇宙飛行士の向井千秋氏は「宇宙はサバイバルの場から楽しめる場所になっていく。食文化が浸透した日本の企業も活躍できる」と話した。

宇宙開発では、有人で月や火星を目指す動きが米国や中国で出てきている。宇宙に滞在する人が増えれば食糧を輸送するだけでなく、現地で食糧を生産する必要がある。リアルテックファンドの小正瑞季氏は「食糧が循環する仕組みが必要になる。生産の省人化や効率化などの課題を、ロボットやバイオなど日本の技術で解決したい」と意気込む。JAXAからは技術やノウハウの提供を受ける。各社の具体的な協業内容は今後検討する。

食品以外からもANAホールディングス清水建設のほか、月探査のispace(東京・港)や宇宙商社のスペースBD(同・中央)などのスタートアップが参画する。今回のプログラムはJAXAが宇宙産業の振興を目的に18年に始めた「宇宙イノベーションパートナーシップ」の一部。

(企業報道部 山田遼太郎)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

89件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World