メニューを閉じる
2019年11月14日(木)
9176 : 海運
JQス

【佐渡島定期航路】新潟港、直江津港、寺泊港と結ぶ。観光事業も。

現在値(15:00):
251
前日比:
±0(±0.00%)

高速船の80人重軽傷 佐渡沖、クジラと衝突か

2019/3/9 17:28 (2019/3/9 22:35更新)
保存
共有
印刷
その他

9日午後0時15分ごろ、新潟県・佐渡島沖の日本海で、佐渡汽船の高速船「ぎんが」が航行中に何らかの物体と衝突した。新潟海上保安部によると、乗客121人と乗員4人が乗っており、計80人がけが。うち13人は重傷。クジラなどの海洋生物とみられ、海保が詳しく調べる。当時、波は約1メートルで視界は良かった。

運輸安全委員会は船舶事故調査官3人を指名し、10日から調査を始める見通し。海保によると、右舷側の船尾の外板に約15センチの亀裂があり、船体後部の水中翼も損傷した。

高速船を調べる海上保安庁の職員ら(9日午後、新潟県佐渡市)=共同

高速船を調べる海上保安庁の職員ら(9日午後、新潟県佐渡市)=共同

佐渡汽船では1995年、新潟港から佐渡の両津港に向かう高速船が何かにぶつかり13人が負傷した。同社はクジラと衝突した可能性が高いとみて、探知機導入などの対策を取っていた。

船は新潟港を9日午前11時半に出発し、午後0時半すぎに両津港へ到着予定だった。衝突後に自力で航行し、午後1時半ごろ両津港に入港。出航前に放送のほか、乗員が巡回してシートベルトの着用を要請している。

ぎんがは「ジェットフォイル」の愛称を持つ米ボーイング製。船体を海面から浮上させ、ガスタービンエンジンで1分間に約150トンの海水を高圧で噴射し、時速80キロで航行。船体前後に水中翼があり、加速すると揚力で浮き上がるため「海の飛行機」とも呼ばれる。定員は250人で86年に就航した。

現場は佐渡島にある姫埼灯台から東北東に約4.5キロの海域。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

53件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World