メニューを閉じる
2020年12月4日(金)
2329 : コンテンツ制作・配信
JQス

【映像コンテンツ制作】CM制作が主力。映像版権やCS放送も。

現在値(15:00):
634
前日比:
+1(+0.16%)

日の丸大企業、米スタートアップの祭典詣で NTTコムなど初出展続々

スタートアップ
ネット・IT
エレクトロニクス
2019/3/7 13:53
保存
共有
印刷
その他

米テキサス州オースティンで8日開幕する有力スタートアップが集まる一大イベント「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」に日本から初出展する大企業が相次ぐ。NTTコミュニケーションズ(NTTコム)やシチズン時計NECが今年から参加する。協業先や出資先の模索などが狙い。世界最先端のスタートアップの祭典への大企業の進出が目立ってきた。

2018年のサウス・バイ・サウスウエストの様子(米テキサス州オースティン)

「開発したプラットフォームのサービス内容を充実させる上で外部との連携は欠かせない」。初出展を決めたシチズン時計の広報担当者は話す。

出展する「リィイバー」はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」プラットフォーム。時計のボタンを押すと家電が起動。活動量を計る機能が一定のカロリー消費を判断すると、流す音楽を変える。時計向けだけでない幅広いサービス拡充に必要な仲間が見つかると判断した。

NTTコムの狙いも同じ。同社は通信に代わるサービスの立ち上げを目指しており、協業や出資を含めたスタートアップなどとのチャネルを広げる考えだ。人工知能(AI)やAR(拡張現実)技術を用いたスポーツ観戦アプリ「SpoLive(スポライブ)」をひっさげて参加する。

2012年には約20の日本企業が参加したものの、ほとんどが新興企業だった。かつてと比べると、大企業の存在感が高まる。ソニー三菱電機も昨年に引き続き出展する。

出展を通じた開拓戦略が実を結ぶ例も出始めた。今回初めてブースを設けるCM制作の東北新社はその一つだ。1年前のSXSWがきっかけとなり、NTTと共同で出展する。18年に会場を訪れた東北新社側の担当者がNTTの技術に注目。同社に働きかけ、異業種の連携につながった。

ブースではNTTが開発する触覚デバイス「Comptics」(コンプティクス)を活用した体感型のコンテンツを展示する。東北新社側が制作した花火やスポーツの映像に合わせ、腕にはめた触覚デバイスから刺激が走る仕組みだ。

有力スタートアップの発掘に向け、社員らを現地に派遣する企業も増加傾向だ。18年の日本人参加者は1500人規模で、今年はさらに増える見通しという。国別で米国に次ぐ規模になったとの声もある。

SXSWへの関心は株式市場でも高まっている。藍沢証券の清水三津雄日本株ストラテジストは「1月の家電・技術見本市『CES』などの国際イベントと同様に新技術が出てくるタイミングと注視する投資家は増えている」と話す。

SXSWは1986年、音楽などのイベントとして開始。98年からはネット関連の展示が増え、ツイッターを発掘したことで有名になった。今年は17日まで開く。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World