メニューを閉じる
2019年7月18日(木)
4704 : システム・ソフトウエア
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【ウイルス対策ソフト】「ウイルスバスター」が主力商品。

現在値(15:00):
4,780
前日比:
±0(±0.00%)

トレンドマイクロ、新ウイルス対策ソフト GDPR対応

2019/2/26 16:33
保存
共有
印刷
その他

トレンドマイクロは26日、企業向けウイルス対策の新製品を7月に発売すると発表した。既存のウイルス対策ソフトと、パソコンから様々な情報を収集してウイルスの侵入経路を特定するソフトを統合した。予防に加えて、未知のウイルスに侵入された事後対応まで一体で対応できる。セキュリティー対策で、原因究明にも力を入れる企業に提案する。

新製品「エイペックスワン」はウイルス対策ソフトに加えて、ウイルスの侵入経路の特定やサイバー攻撃の内容の可視化に役立つ「エンドポイント検知・対応ツール(EDR)」と呼ぶソフトをセットにした。新たなサイバー攻撃の内容をEDR機能で分析しておき、それ以降はウイルス対策機能でブロックするといった予防を可能にした。

欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)では、不正侵入の被害に気づき、72時間以内に当局に報告することを企業に義務付けている。侵入経路や影響範囲などを短時間で突き止めるにはEDRが役立つという。

トレンドマイクロは企業版のウイルス対策ソフトとして「ウイルスバスター」を、EDRツールは「エンドポイントセンサー」を販売する。それぞれ独立したソフトで、双方を連携させる機能は限られていた。新製品「エイペックスワン」は両ソフトの後継ソフトと位置づける。

1年単位のライセンスで提供する。価格は利用者数で変わる。例えば1000~1999人が利用するときは1人当たり税別6600円。ウイルス対策だけを購入する場合は同3300円。EDR機能単体での購入はできない。当初1年間で140億円の売り上げを見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

69件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World