メニューを閉じる
2019年10月16日(水)
1821 : 建設・土木
東証1部
JPX日経400採用

【総合建設準大手】橋梁やマンションに強い。不動産事業を分離。

現在値(15:00):
585
前日比:
+14(+2.45%)

三井住友建設、iPadで橋梁点検を効率化 自治体に外販も

2019/2/21 15:58
保存
共有
印刷
その他

三井住友建設は米アップルのタブレット端末「iPad」上で動作する橋梁点検のためのアプリを開発したと発表した。施工した橋の点検では、従来は図面や過去の点検記録といった紙のデータを使っていたが、タブレット端末で一連の作業が完結する。まず自社の点検業務で活用し、将来は橋梁管理者の地方自治体などへの販売を目指す。

三井住友建設が日本コンピュータシステムと開発した「Maplet SM」で橋梁を点検する様子

アプリは日本コンピュータシステムと共同開発した。名称は「Maplet SM(マプレットエスエム)」。点検前の事前準備は社内サーバーなどから橋の図面や過去の点検記録などのデータを取り込むだけで完了する。これまで図面のコピーや写真の整理に使っていた時間が不要になり、ペーパーレス化も実現する。橋の規模にもよるが、作業全体で半分程度に時間短縮できるという。

現場の作業では、点検に必要な箇所を全地球測位システム(GPS)ですぐ確認できる。点検の結果は社内サーバーなど一元化して保存する。過去のデータと照合して劣化の傾向を分析できる。

国土交通省によると、日本の橋梁は2018年3月時点で約25%が建設から50年以上たっており、23年3月には4割弱になる。今後増加する老朽化した橋の維持には定期的に点検して欠陥をあらかじめ防ぐ「予防保全」が有効だという。点検を担う自治体のニーズも取り込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

25件中 1 - 25件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World