メニューを閉じる
2019年11月13日(水)
9697 : コンテンツ制作・配信
東証1部
JPX日経400採用

【ゲームソフト大手】新製品開発力に定評。格闘ゲームに強み。

現在値(15:00):
2,547
前日比:
+19(+0.75%)

家庭用ゲーム市場、18年は2.7%減 「スイッチ」反動で、民間調べ

2019/2/19 14:30
保存
共有
印刷
その他

ゲーム情報誌「週刊ファミ通」を発行するGzブレイン(東京・中央)によると、2018年の国内家庭用ゲームの市場規模は前年比2.7%減の4343億円だった。13年から16年までの市場は3年連続で縮小したが、17年は任天堂の「ニンテンドースイッチ」がけん引し、4464億円に大幅拡大。反動で18年は再び縮小に転じた。

分野別にみると、ソフト市場は同8.2%増の2642億円だった。最も販売本数が多かったカプコンの「モンスターハンター:ワールド」はダウンロード販売が全体の3割近くを占め、大幅に寄与した。

ソフト市場の規模にはパッケージソフトのほかダウンロードや追加課金などのオンライン決済分が含まれる。ソフト市場は2年連続で前年比でプラスになった。19年も「キングダムハーツ3」など人気タイトルが登場しており、市場の動向に注目が集まる。

ゲーム機のハード市場は1700億円で同15.9%減と大幅縮小した。「スイッチ」が好調だった17年の反動による減少で、Gzブレインは依然として高い水準で推移していると分析している。

Gzブレインはあわせて18年のソフト販売本数ランキングを発表した。1位は「モンスターハンター:ワールド」(カプコン)。2位は任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で、12月の発売ながら、3週間程度で200万本に到達し、「スイッチ」本体の販売も押し上げた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

100件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World