メニューを閉じる
2019年7月24日(水)
5706 : 製造用機械・電気機械
東証1部
日経平均採用

【電子材料が主力】亜鉛製錬にも強み。自動車用ドアロックも注力。

現在値(15:00):
2,551
前日比:
+12(+0.47%)

非鉄大手4社が下方修正、19年3月期最終 市況悪化で

2019/2/12 20:00
保存
共有
印刷
その他

非鉄金属大手4社の2018年4~12月期連結決算が12日、出そろった。世界景気の先行き不透明感からニッケルなどの非鉄価格が想定よりも下落し、全社が19年3月期の最終損益見通しを下方修正した。通期予想の下方修正は4社とも今期2度目。収益が安定していた電子部品といった「非金属」部門も苦戦し、金属部門を補えない。

三菱マテリアルは12日、19年3月期の連結純利益が前期比71%減の100億円になりそうだと発表した。従来予想を150億円下回り、減益幅が拡大する。金属事業はインドネシアの製錬工場の改修工事に想定より時間がかかり、銅地金の出荷量が減少する。銅価格の下落を受けて想定価格を見直した結果、在庫評価損を計上する。

金属事業の低迷は他の3社にも共通する構図だ。さらに市況に左右されにくい非金属事業も苦戦が目立つ。スマートフォン(スマホ)の販売不振の影響は大きく、三井金属は基板向け部材、DOWAホールディングスは発光ダイオード(LED)が想定を下回る。

米中貿易摩擦など世界景気の先行き不安からニッケルや亜鉛などの価格は昨年末にかけて大きく下げた。年明けは回復基調にあるが、「来期以降の非鉄市況についてはまだ分からない」(住友金属鉱山)と慎重な声が多い。18年4~12月期の連結決算は住友鉱と三菱マの2社が増収減益、三井金とDOWAの2社が減収減益だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

48件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World