メニューを閉じる
2019年9月15日(日)
8350 : 銀行
東証1部

【青森県と函館地盤】個人に強み。地域最優の銀行を掲げる。

現在値(15:00):
1,664
前日比:
+22(+1.34%)

みちのく銀とオプティム、農業支援の地域商社設立

2019/2/4 22:00
保存
共有
印刷
その他

みちのく銀行とIT(情報技術)関連企業のオプティムは地域商社「オプティムアグリ・みちのく」を青森市に設立した。人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を駆使して農産物を効率的に生産できるよう農家を支援。全量を市場価格で買い取り、全国に販売する。

2018年の包括連携に基づいてオプティムが発売した、農薬を削減した「スマート米」

1日から営業を始めた。資本金は1千万円。出資比率を制限する銀行法でみちのく銀が5%、残りをオプティムが出資した。同社でスマート農業プロジェクトを担当する速水一仁氏が社長に就き、同銀やゆうちょ銀行が出資する「みちのく地域活性化ファンド」が7千万円を投資した。

コメ生産では圃場を上空からドローンで撮影し画像をAIで解析。雑草や病害虫を検知し、そこだけにドローンで農薬を散布するなど人手を極力抑えたスマート農業の技術を無償提供する。生産物は百貨店やネットで販売し、輸出も検討する。

みちのく銀とオプティムは昨年1月、AIやIoTで青森県と北海道函館地区の農業を支援する「金融×農業×IT 戦略的包括提携」を締結した。新会社設立はその一環で、コメのほか大豆、ニンニク、リンゴなどを対象にする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

61件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World