メニューを閉じる
2019年10月22日(火)
2206 : 食品製造
東証1部
JPX日経400採用

【菓子大手】乳製品やカレー、化粧品素材も展開。上海、タイに進出。

現在値(15:00):
4,865
前日比:
+45(+0.93%)

明治とグリコ、液体ミルク製造承認取得 非常時の備蓄に

2019/1/31 18:50
保存
共有
印刷
その他

明治と江崎グリコは31日、厚生労働省から乳幼児用液体ミルクの製造承認を得たと発表した。2018年8月に省令改正で製造基準などが示されて以降、承認は国内で初めて。今後はそれぞれ消費者庁の許可も得て、商品化する。これまで輸入品しかなかった液体ミルクで国産品の流通が本格化しそうだ。

明治は粉ミルクで展開する「ほほえみ」ブランドで液体ミルクを商品化する方針。

江崎グリコは液体ミルクのサンプル品を開発している。

明治の液体ミルクはスチール缶容器を採用しており、内容量は240ミリリットル。同社の粉ミルクと同じ「ほほえみ」ブランドで商品を展開する。江崎グリコは紙パック容器で、容量は125ミリリットルとする。すでにサンプル品を開発しており、哺乳瓶に入れ替えて授乳する使い方を紹介している。商品化には今後、液体ミルクの表示をするため消費者庁の許可を得る必要がある。

液体ミルクは高温殺菌した乳成分を無菌の容器に充填する。開封してそのまま乳児に飲ませることができるため、計量やお湯の温度調節が必要な粉ミルクよりも手間がかからず外出時には便利とされる。1杯あたりの価格は粉ミルクと比べ割高になる。

欧米では広く普及しているが、国内ではこれまで品質や製造方法などの基準がなかったため、製造できなかった。ただ16年4月の熊本地震でフィンランドからの支援物資として届けられるなどして注目を集め、お湯が手に入りにくい災害時の備蓄に役立つとして国産化を求める声が高まった。昨年8月に厚労省が省令を改正し製品の規格基準などを定めたことで製造できるようになった。

液体ミルクはほかの大手乳業メーカーも商品化を検討しており、国産商品の流通が本格化するとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

96件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World